おととしの8月に愛犬、12月にダンナ、昨年6月に父が亡くなり、家族がいなくなることが続いています。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/6/24 1:46

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 ワタシとおんなじですね。 大切な家族がいなくなること、 想像していませんでした。 もも(マルチーズ♀)は、保護犬で、 家族として迎えてから2年で…。 ダンナは、会社で倒れて、 くも膜下出血で…。 父は、がんで入退院を繰り返して…。 それぞれの理由で、 天国へいってしまいました。 実は、写真しまっていました。 ふとしたとき、 スマホに残した写真を見てしまい、 涙が止まらなくなりました。 無理に忘れようとするのではなく、 ワタシの気持ちに正直に、 泣きたいときは泣いて、 ももとダンナと父を想います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 自分の気持ちに正直になります。 ワケわからないときもありますが、 心の中で静かに思うこと、 泣いて泣いて泣いて…。 それを繰り返しながら、 大切な家族を想いたいです。

お礼日時:6/24 5:20

その他の回答(2件)

0

心が空洞になってるような寂しさでしょうか。同じ経験をした人じゃないとその気持ちは分からないでしょうね。無理せず、仏壇の写真に向かってではなく、生活のなかでいらっしゃったときのように普通に話しかけてみて感じてあげてみてください。何か心が落ち着くと思います。今日ご飯なに食べたい? これ美味しいでしょ。頑張って作ったんだぁみたいな感じで。