新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

日々報告されるコロナの死亡者はどのようにカウントされているのでしょうか?もっと言うと本当にコロナで亡くなった方の数字なのでしょうか?

政治、社会問題 | 病気、症状65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました

お礼日時:7/25 0:52

その他の回答(2件)

1

コロナ流行前より、流行の年のほうがコロナ以外の死因が減り、年間総死者数が減りました。 つまり死因コロナの割合が増えただけで、コロナで亡くなる人が増えた事で、総死者数が増えたなんて事はなかったわけです。 亡くなった方の体からコロナウィルスが見つかれば死因コロナだそうです。 死因がコロナだとお金が出るそうで。 病院だけじゃなく、コロナが危険だとかマスクが有効だとか論文に一筆入れるとお金が出ると、ある元大学教授が言ってました。 その人は断ったそうですが、そういう話を持ちかけられたそうです。 医療逼迫は、コロナを受け入れられる病院、医師が限られているからです。 コロナがSARS、MARSと同等の二類感染症に分類されているからです。

1人がナイス!しています

0

普通の死因というのは5ヶ月後くらいに統計されて数字が出るそうです。 ただ、コロナの場合死後検査をされて陽性ならば必ずそれを報告する事になっているそうです。 医者が言うにはコロナで死ぬ人が出ると補助金が出るとか。 コロナ陽性を感染者というくらいですから、この死後コロナ検査陽性もすべてコロナ死者とカウントされている疑いがかなり強いです。