You-Tubeで順列の学習解説を見ていたら学校の教え方と違います。 問題は ₇P₂ を例に質問させていただきます。 学習動画の教え方 ₇P₂=7×6=42

高校数学 | 中学数学21閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よく理解できました。ありがとうございました。

お礼日時:7/27 11:11

その他の回答(4件)

1

最近の学校はそんな教え方してんの? Pの定義はようつべのほうで合ってるはずよ。 階乗使ってるのは、順列の再定義にすぎない。

1人がナイス!しています

1

そもそもP自体をあまり使いません。C×階乗の方がどういう計算をしているのかが分かりますから。 使っても、₇P₂ は、7,6,5… の7から2つ、7×6=42の方法です。

1人がナイス!しています

1

その学習動画の覚え方でOKです。 「7人中2人を選んで並ばせる」といった問題では、7P2=7×6=42という計算で困ることはありませんし、 これを学校の教え方でやると試験時間オーバーしてしまいます。 一方で難関大を目指すのであれば、問題が「n人中r人選んで並べる」みたいな文字での出題をされることがあるので、この場合は学校の教え方で計算する必要がでてきます。恐らく学習動画の計算方法では解けないでしょう。 まあ高3になって、こういう問題に出会った時に戻ればいいと思うので、今は学校の教え方は忘れてもらって、学習動画の計算方法を身につける方がいいでしょう。

1人がナイス!しています