聴覚障害って、どの程度で障害年金を受け取れるのでしょうか。

福祉、介護 | 年金100閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

①のレベルなら、補聴器で何とかなります。 一方で、障害基礎年金の支給基準は、補聴器では 聴き取れないレベルです。 今は、脳波計で音刺激に対する反応を計測して、判定します。

0

下記が等級判定の目安になる数値です。 1級 両耳の聴力レベルが100デジベル以上のもの 2級 両耳の聴力レベルが90デジベル以上のもの 両耳の平均純音聴力レベル値が80デジベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が30%以下のもの 両耳の平均純音聴力レベル値が70デジベル以上のもの 3級 両耳の平均純音聴力レベル値が50デジベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が50%以下のもの 一耳の平均純音聴力レベル値が80デジベル以上で、かつ、症状が固定していないもの ※平均純音聴力レベル値=a+2b+c/4 a:周波数500ヘルツの音に対する純音聴力レベル値 b:周波数1000ヘルツの音に対する純音聴力レベル値 c:周波数2000ヘルツの音に対する純音聴力レベル値 d:周波数4000ヘルツの音に対する純音聴力レベル値