コンサートで室内楽しか演奏されないのは田舎の証ですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

田舎の定義で多少変りますが、頷ける要素のひとつだと思います。 昔本州北の県在住時大きな演奏会は、仙台→札幌と良く素通りされました。たまに来るオケも定食メニューで、地方で春祭、惑星、マーラーとかやらないの?と知り合いに無知蒙昧に尋ねると「練習もギャラが発生するし大編成は経費が掛かるからね」と。フルオケでは集客(人口)、ハコの席数、楽員の顎足枕経費、選曲、など複合要素で興行できる地域が限られるからかと。他の方同様に外来オケは所謂都会でないと難しいと思います。まずはホールですね、某県吹コンはホールの都合で県外ホールで実施とか、文化行政……。

0

↓の方が仰るとおり、収容人数の問題です。 大阪にある、日本では比較的音響が優れていると言われているザ・シンフォニーホールでさえも、 海外のオーケストラによるコンサートは少ないです。 それは、ザ・シンフォニーホールの収容人数が1704人と、他の主要ホールに比べて規模が小さく、 その程度のチケット代では採算が合わないためです。 まして、地方では大ホールでも収容人数が1500人程度、小さければ数百人程度ですので、 フルオーケストラでは採算が合うはずがありません。 うちの近くのホールでも、海外の演奏者はソロ・リサイタルか室内楽ばかりで、 20年に1回くらい、N響が来る程度です。 こればかりは仕方ありませんね。