最近ロードバイクもディスクブレーキが主流になってきてるようですが、ココ最近でディスクブレーキの性能が劇的に進化したのでしょうか? いつもお世話になります。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様たくさんの返信ありがとうございました。 とても納得し、すっきりしました。

お礼日時:7/13 20:43

その他の回答(12件)

1

マウンテンバイクはディスク化して久しいです そのノウハウを活かせる(10%)&乗り換えて欲しいメーカーの都合(90%)と思いますよ とは言え現状真剣に開発してるのはディスクだけ リムブレーキは前からのユーザーの為にある程度残してある感じかと リムブレーキに戻るのでは、とか走るのにブレーキ関係ないとかちゃんちゃらおかしいですけどね リムブレーキに些細なメリットが有ろうと、メーカーは売りたい訳で戻る訳無いでしょ(笑) また止まれるブレーキが有るから思い切って走れます 止まらないから要らねーや、ならそもそもブレーキ不要になるでしょうが 無いと困る?じゃあママチャリのブレーキでも付けとけよ、と思います 何を言っちゃってんの?です

1人がナイス!しています

2

ちゃんと作り込んだ fフォークでないと当然しなったり捻じれたりもします。 シマノのディスクキャリパーも出来が良く無いそうです。 カンパも 他社OEM供給です。 ホイール脱着で ディスクプレートも簡単に曲がっちゃいます。 油圧に関しては、メンテナンス・調整が出来ない自転車店ばかりです。 まだまだですねー

2人がナイス!しています

3

ディスクブレーキなんて劇的進化できるほど最新の技術じゃなく、枯れ枯れに枯れた技術です。 なんで主流になったかというと、単にUCIがロードレースの機材にディスクブレーキを承認しただけですね。 レースで使っていいよ、じゃあ使おうかというだけっす。 これが10年前に承認されてたら多分今頃ディスクブレーキの車体しか無いです。 レースでの実績云々についてはここ数年間はチームスカイ(現イオネス)が突出して強かったので。 リムブレーキだからスカイが強かったとは言えないと思うけど、リムブレーキ派を肯定する材料にはなったとは思う。

3人がナイス!しています

1

ツールドフランスでは ほとんどディスク 時代についていけない人は 置いてきぼりですね フイルムカメラと同じですね どっかのテレビのコマーシャルでも ありますね 俺はスマホにしない。。。。と

1人がナイス!しています