カトパンとかアヤパンのパンってどういう意味ですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

元々、フジテレビには千野アナというアナウンサーがいて、その方の愛称として千野という名前から連想されるチノパンというあだ名が生まれました。そこからフジテレビのアナウンサーにはパンという名前がつくようになったんだと思います。ですので、本来の意味はパンツのパンですが、まぁ具体的な意味というのは特にないですね。

0

“カトパン”という愛称。カト=加藤はわかるけど、パンっていったい何なのでしょうか。そういえば、フジテレビの女子アナって、歴代〇〇パンがいたような……。今回は、意外と知られていない「○○パン」の由来に迫ります。 最初の「○○パン」は「チノパン」 フジテレビで初めて「○○パン」が登場したのは、2000年10月より放送された深夜のトークバラエティ番組『チノパン』でのこと。当時、新人女子アナだった千野志麻に、ボトムのチノ・パンツを掛けて『チノパン』という番組タイトルと彼女の愛称が生まれたそうです。 この番組はもともと、経験ゼロの新人にイチからキャリアを積ませるという裏コンセプトがあったとか。以降は、初代・チノパンを皮切りに、二代目アヤパン、三代目ショーパン、四代目カトパン……など、途中でブランクを挟みながらも、これまで10名の新人女子アナが「○○パン」を襲名しています。 この番組は人気女子アナへの登竜門的な側面もあり、10名のうち9名はその後、同局の『めざましテレビ』にレギュラー起用されています。さらに内4名はメインキャスターとして朝の顔に抜擢(ばってき)されており、「○○パン」たちはアナウンサーとして力をつけて着実に昇りつめることがしっかりと証明されています。