「電気料金を最大90%削減する装置」の真偽について

工学 | 家電、AV機器8,055閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

3人が共感しています

ベストアンサー

11

11人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答ありがとうございました。

お礼日時:7/25 7:55

その他の回答(13件)

4

デタラメな商品なので、消費電力を削減する原理はわかりません。 解説から、電気料金節約を抜いて、内容を解釈すると コンデンサが入っているだけだと思われます。 さて、この商品のキモはその返品条件にあります。 明らかに変な日本語が並んでいますが、 「提供された電子メールアドレスを介して会社に連絡」 「配送後30日以内に返品してください。」 「製品の写真をいくつか提供し、返品する理由を説明する必要があります 」「新品の状態で、元のパッケージに入っている必要があります。」 こんな条件になっています。 配送後30日以内です。連絡が付いてからではありません。 メールでのらりくらりとやられたらオシマイです。 「もう少し様子を見て」とか。 30日では電力会社の検針を待てません。 「公的な証拠が欲しい」と言われたらどうしようありません。 でも、返品する理由の立証責任はこちらにあります。 新品の状態・・・つまり、使用後はダメです。 「返品は 時間に敏感であるため、配達後30暦日以上経過した場合、 会社は顧客に店内クレジットと同等の返金または価格を提供しません」 わざわざ、念を押しています。 日本語としては変ですが・・・。 返品の問い合わせ先電話番号は北米、表記の住所はニューヨーク 使用しているのは NAMECHEAP INC のレンタルサーバー 使用開始は2020/11 住所はオフィスビルですが、そのどこなのかが全く書かれておらず、 (住所表記の最後の919は番地ではなくビルの名前です) この住所でこの会社を訪問できるかどうかはわかりません。https://en.wikipedia.org/wiki/919_Third_Avenue 入口で拒絶されるでしょうね。 日本で言えば六本木アークヒルズレベルのでっかいビルですから。

4人がナイス!しています

2

完全な詐欺商品ですね. ちょっと考えてみてください. 電気器具の効率ですけど、ヒーターや温水器など熱に変える機器は効率ほぼ100%です. モーターでも80%くらいはあるでしょう. テレビやパソコンなどの電子機器はちょっと分かりづらいですけど、これらの機器の電源の効率は80%以上です. つまり、電力会社から購入した電気エネルギーの80%くらいは熱や機械力など実際になんらかのエネルギーとして利用しているわけです.残りの20%は機器の損失になって熱として捨てられます. つまり、電力会社から購入した電気エネルギーが10キロワット時なら、8キロワット時が実際に利用しているエネルギーで、2キロワット時が損失です. もし、電気料金が90%も削減されるなら、購入する電力が1キロワット時で利用できるエネルギーが8キロワット時ということになります. (1キロワット時=3600キロジュールで、どちらもエネルギーの単位です) エネルギー不変の法則がある以上、電力会社から購入したエネルギーより、私たちが実際に利用したエネルギーの方が大きくなるわけがないのです. そんなことができるなら永久機関ができてしまいます. 購入した電力でモーターを回して、それで発電機を回して、発電した電力を電力会社に売れば、買った電力より売った電力の方が大きくなりますからね. そんなことは絶対にない、というのはすぐわかります. 「宝くじ当たりました詐欺」並みの程度の低さです. たぶん、中身はせこいコンデンサが一個入ってるだけじゃないでしょうか. 効果がないと文句を言うと「力率が改善されているから効果があるはず」とか言い逃れるのでしょう. 仮に力率が改善されたって、ちょっとだけ損失が減るだけです. 電気料金なんか1%も変わりません.

2人がナイス!しています

4

電気技術者の端くれとして、家庭用電力計の回転数が1/10になるとは、 考えられません、配線をパスしておけば電量は0になりますが手が後ろに、まわります、東電いや盗電です。

4人がナイス!しています

1

詐欺そのものです。「導入してから数日後に節電効果が表れ始めます。」ということで、電気代の請求書が来るのを楽しみにしていて、「だまされた」と分かった時には、この会社そのものが消えると思われます。

1人がナイス!しています

0

電源ノイズを吸収して綺麗な電源にするって商品だと思います。 ノイズ除去は可能でしょうが電気代の節約とは全く関係無い話しになってしまします。 A級アンプを使ってホームオーディオにこだわりたい。WIFI環境をちょびっとでも良くしたい等にはすこしは有効かもしれませんね。ノイズの改善なので最大90%節約出来る可能性としては0.1W以下の待機電力を消費する製品などの改善は出来るかもしれないですね。 おそらく電気代が示してる電力メーターは1万台以上の待機電力を消費する機器をコンセントに接続してたのかもしれないですね。2万円の電気代が千円代に落ちる事などまず無理です。 返金なんてまずされないでしょう。そもそも電話は繋がらないか日本語や英語は通用しない相手だと思います。