回答受付が終了しました

ID非公開

2021/7/17 23:44

3030回答

ピアノ講師です。よく入会する時などに「うちは楽しくやれればそれでいいんで」という親子さんがいます。そしてキーボードだったりします。ひどい所ではロールピアノや楽器なしだったりします。

ピアノ、キーボード | 小学校741閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

5人が共感しています

回答(30件)

2

入会の時にキチンとお話しされて、納得して頂いた家庭のみ入会してもらうようにする事ですね。 ・最低でも電子ピアノが必要。お持ちでない場合は、入会後3ヶ月以内に購入可能か? ・趣味で弾くのイメージを親に明確にしてもらう。例えば小学校3〜4年生でどんな曲を弾いてほしいか。具体的な曲名ではなく、「クラシック、Jポップ、映画音楽等」 ・1日どれくらい練習が必要?とりあえず年の数。 ・ピアノを弾けるようにしてあげたいなら、最低小6まで、クラシックを中級(子犬のワルツとか)をきれいに弾けるようにしたいなら中3まで。 ・練習しなさい。と親子バトルになるのは覚悟して。 例えばですが、こんなお話はされていますでしょうか?

2人がナイス!しています

2

確かに教える側と教わる側の温度差があると双方戸惑いがありますよね。 上手くなるほど楽しさも増す、つらい時もあるけれど出来てくると楽しいし嬉しい。でも親は「いいんです、そんな本格的に弾けなくても楽しければ」と言うばかり。。。 実はうちも小2からですが子供にねだられてピアノ教室に通わせました(男子) 本当に続けられるのかが分からなかったので数か月はキーボードでした。 講師の方に「ピアノを買ってあげてください」と何度も何度も言われ電子ピアノを買いました。 発表会もそうです。うちの子は出なくてもいいですと言ったこともありました。今思えば大切だったんだという理解があります。 ピアノのことはド素人な親がピアノを子供に習わせるのですから一から教えて頂かないととても理解できないことでした。 そういう意味では講師の方にピアノの必要性を熱心に言って頂いて、今ではありがたく思っています。 音楽やピアノに精通している親ばかりではないのでそこは講師の方に教えていただくしかありません。 すみません、面倒な親で。。。

2人がナイス!しています

0

お金の点かなと思います。 バレエは入る前にお金の覚悟が絶対に必要ですが、ピアノは節約型もありですもんね。 そういう感覚ですね。

2

先生側が教室方針をきちんと説明なさらないのは問題です。最低電子ピアノは用意してほしい、キーボードでは学びにならないと理由を添えてお話しないと。 音楽を専門としている人にとっては当然ですが、普通の人はキーボードや電子ピアノ、アップライトピアノの違いがよくわかりません。 趣味だし、どうせ短い期間だから楽器にお金をかけたくないという親もいれば、住宅の騒音の問題、色々な家庭もあります。 先生はそれらを承知の上で楽器の必要性を説明し、出来る限りの楽器を用意してもらう努力が必要なのではないでしょうか。 それで入会しない、退会されるなら仕方がないです。 子供が習っている現在のピアノの先生は指導が大変上手で、求めてくるレベルは高いですが頑張って練習に励んでいます。 (前は藝高卒の先生に習っていましたが数ヶ月前に変えました。) 子供本人が音楽が好きなのもありますが、練習を頑張れるのはレッスンが"楽しい"からでもあります。 大手音楽教室が宣伝する"楽しさ"は、初心者や幼児のお子さんにはいいかもしれませんが、音楽の本当の楽しさや奥深さはレッスンの中で伝えていくしかありません。 あと、今の子供の先生は育児経験があり、指導経験も豊富で、生徒の考えを尊重してくれたりきちんと子供と向き合ってくれます。 前の先生は一方的な指導、間違った指導、上から目線の接し方。当然、子供は上手くなりませんでしたし、同門の発表会でも上手い生徒は1人もいませんでした。 話が長くなりそうなので細かい話は省略しましたが、楽器や練習の必要性は先生の考えで話していくしかありませんし、生徒との信頼関係や保護者とのコミュニケーションも大事です。 同業であり、保護者の立場から意見いたしました。

2人がナイス!しています