読んだあと、どうしようもない愛しさで胸が締め付けられるような小説を教えてください。 日本の本でも、外国の本でも良いです。 複数ある場合は全て教えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

小説 | 読書62閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答してくださった皆様のおすすめの本のあらすじを調べて、たまごの石様のものが一番好みだったので選ばせていただきました。ありがとうございます。今から読むのが楽しみです!

お礼日時:7/25 10:54

その他の回答(3件)

2

映画にもテレピにもなって原作も良かった『八日目の蝉』角田光代 実際に起きた事件から取材はさすがプロ 日野不倫OL放火殺人事件もウィキペディア参照 新聞に連載されたときは、最後で母と子?を再会させてくださいと手紙殺到。 読んでのお楽しみですね。

2人がナイス!しています

2

今まで読んだことのある中では 辻仁成「ミラクル」 伊藤左千夫「野菊の墓」 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」 が特に該当します。 個人的には、太宰治の描く、「生きづらさ」を抱く人物に共感する部分が多いので、「人間失格」「斜陽」等もそう感じます。

2人がナイス!しています