ID非公開

2021/7/18 9:25

66回答

整体院、整骨院、鍼灸院、マッサージ屋

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

こういう質問をされる方がいるのは、恐らく日本のメディアに携わる人も含めて海外へ出たことも無ければ自分達が何を受けているのかも分からない人達が多いからなのでしょう。そして、そういう人達を相手に適当なことを言ってご商売をされている人が多いからなのでしょう。 実際、ニュースで無届け無登録で風俗店を営んでた経営者が捕まった時にマッサージ店の経営者がとかエステ店の経営者がと表現したり、整体院のアルバイトの人がと書いてあったりする。街中でもマッサージ、整体、指圧、エステティック、ボディケアといろんなのを目にする。~院、治療、美容外科でもないのにビューティークリニックと書いたり、いろいろです。 整体をしたから整体師という免許になるわけでもありません。マッサージ屋とは何を指しているのですか。これを読んでる方のエステサロンではピーリング、スクラブ、パックなど外的美容を目的とした施術がなされていますか。自分達が受けているそのマッサージ、整体がアメリカやヨーロッパでなんと呼ばれているものですか。英国式リフレクソロジーが本当に英国式だと信じないでくださいね。 日本の通りで出されているものをそのまま真に受けて喋って、海外の人達に笑われないように。

0

整体は、資格や免許のない職業です。ほとんどの人が基礎的な医学知識もありません。 整骨は柔道整復師がいます。柔道整復師は、捻挫や打撲などのケガの手当を専門としています。 鍼灸は、はり師、きゆう師がいます。 マッサージは本来あん摩マッサージ指圧師という国家資格なんですが、リラクゼーションとか揉みほぐしなどと称したところやチェーン展開をしているところは、無免許業者です。 首の凝りに対応しているのは、鍼灸院か、マッサージ施術所(ちゃんと免許を持った)でしょう。

1

日本には【医療行為】を行う病院、医院、クリニック、診療所などが有り運動器の治療を行う整形外科、外科が有ります 医師は全ての医療行為(診察、検査、診断、投薬、手術、リハビリなど)が出来ます これらは全て治療なら専門医が保険を使った治療を行います(美容と予防は保険は使えません) その整形外科領域に【 医業類似業 】を行うのが、違いを聞かれている業界です 整骨院(接骨院も同じ) 、鍼灸院、マッサージ院は国家資格者で、それぞれ専門領域の施術を行います 原則、保険は使えませんが、整骨院(接骨院も同じ) は急性期の原因明確な、怪我だけは保険が使えます 鍼灸院、マッサージ院は医師の同意があれば保険が使える場合があります 整体とマッサージ屋は無資格者の店です 整体店、治療店、施術店、療術店などから、オステオパシーやカイロプラクティックなどの名前で開業しています 「院」と名は付いていますが、とんでもなく、「店」です 誰でも名乗れるし、開業も出来ます 医学知識は、ほぼゼロで客には必ず「歪んでいる」「ズレている」「左右差がある」など、誰にでも有り、それで問題もない事を異常として矯正をやりますが、効果は(最高で)短時間の内に元に戻ることを調整と称しています つまり何にもならないことを短時間のうちに比べて効果を見せて高い料金を取り、元に戻ると同じことを何度も繰り返して行い長期間にわたり通わせます 当然、保険は一切使えません(やることに効果がないからです)

1人がナイス!しています

1

国家資格か民間資格かの違い。どれも投薬治療が出来ない。 マッサージと看板上げて良いのは国家資格所持の所だけ。 最初はとりあえず病院で検査ですよ。 安易に民間治療で手を付けると逆効果な時や悪化の原因にもなるし。 首コリは日頃の姿勢とか仕事が原因とか肩から来てる場合も有るし。市販薬の塗る・貼る・飲むを試して効果無ければ病院でレントゲンやMRI検査を。

1人がナイス!しています