ID非公開

2021/7/18 14:34

66回答

バラ育て。

バラ342閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

0

頻度 ガットサイド 年一回 オルトラン  年4~5回 スプレー   そろそろしとく?適当     週に一度、時間がとれた時に、手入れです。 お花は、がっつり咲きますよ♪ バラは、強いです♪ 野菜の方が、手がかかる!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさまありがとうございました。 気楽に育てらたら、と思い、こちらをBAにさせて頂きましたか、もう少しバラ育て、肩の力を抜いて、楽しめたらなと思えました。感謝いたします。

お礼日時:7/23 15:36

その他の回答(5件)

1

こんにちは。10鉢だったら、私なら希釈じゃなくて、多少割高でもハンディスプレーにしちゃうかも。。 うちは60〜70株くらいでつるバラもあるので10日ごとに8リットルは撒きます。消毒剤だけで7種類くらいローテしてます。防虫剤も複数ローテで、展着剤は2種。 あと、月一でベニカガードEXを土に振りまいています。 覚えていれば、10日の合間に1度、ハンディスプレー3種ローテで、つぼみにだけシュってします。つぼみ死守のために。 私は土をマルチングしないので、これだけやっても、黒星に弱い品種は黒星になりますよ。 本当に弱い2鉢だけは玄関ポーチに置いて雨が当たらないようにしていますが、地植えは動かせないし放ったらかしです。 まあ、黒星になって下半身つんつるてんになっても、また元気に葉っぱが出てきて、沢山花を咲かせてくれるので、あまり落ち込みません。見た目が悪いので黄色い葉っぱは取り除きますけどね。 あと、今後増やすなら、病気に強い品種にすると良いかも。バラの家さんのゼロタイプとか。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/20 17:20

ありがとうございます。 60〜70 8L‼️ 7種類、2種類、3種類、。。。 私が根を上げてる場合じゃないですね。 頭が下がります。 我が家にはその余裕もないので、むしろ、割高ではないがですね、スプレー剤。 黒星病は、あきらめようかしら。。。

0

ご質問を拝見しますと… 主様の生活はバラを楽しむどころか、バラに振り回されている様ですね! 貴女がバラを楽しまなくちゃ~~ですよね。 バラは虫を寄せ付けるために花を咲かせます。虫がくるのはあたりきしゃりき!虫を利用して受粉したり最終的に開花結実を。それで花の生涯は終わるのです。 その開花の瞬間を人間が利用しようとしているのですから、利用しようとしている私たち人間が負け犬の様になっては、、バラを植える意味がありませんでしょ。バラの上をいかなくちゃです。 無農薬をとお考えのようですが、、、。 バラは多くの農薬をかけなくても育つのです。でもそれには条件があるのですね。 「早期発見・早期対処」「有機質に富んだ豊潤な土壌」です。 早く見つければそれだけ害は減るのです。土が良ければ鉢の土も少ないながらも根の生育が良くなります=株が充実して病気を跳ね返せる。 殺菌剤をどかどかかけている鉢株の土は微生物は減少しているのですね。 殺菌剤をかけたらその後は、微生物育つ様な有用菌を補充する事です、、やっていますか? 何か薬ばかりに振り回されている感じがします。 あなたの薬剤散布の仕方は、薬屋さんを儲けさすだけ、もっとうまくやってほしいなぁと感じます。 これだけの薬剤を使えば、どの薬剤が効果が出ているのかお判りになりますか?効き目は解らないでいるのでは?と思います。 また5株のようですから、希釈タイプではなくスプレー式オンリーにしてはどうなのでしょうか?そして使ってみた効能をチェックする事でしょう。 ノートなどにメモしておく事をお勧めします。 あまり多くの薬剤や肥料を使っているとバラも原因不明で疲弊しますよ。 自分は鉢植えでも地植えでも、先ずは土壌を絶えず注意しています。 フカフカでありながらしっかりと固さがある土壌をです。固ければ、中耕してバーグ堆肥や腐葉土で入れ替えたり。化学薬品を使い続けていくと鉢土は固くなっていきます。 薬剤を整理しながらそんな辺りも見直されてください。本当に必要なものだけに絞って効果を検証する事も大切です。 また、ベランダの上に雨除けできる屋根的なものがあれば、雨降りは5株の鉢はその下へ置くと、野ざらしよりも黒点病には罹り難いです。黒点病の薬はいらなくなるでしょう。黒点病の薬は殺菌剤ですから、鉢の中の良い菌も死滅する事は無くなります。 また鉢植えで黒点病を防ぐ手立てとしては、肥料分を途切れさせない事です。これは少量でも良いので毎月施すやり方がベターに感じます。自分がそうしています。(極暑極寒を除く) 薬ばかりに頼らずに、自分で経験を多く積むことですね、、。 その経験の中には「失敗」は必ずあるし、でもある方が必ず主様が成長します。 現在は100株近い数になっていますが、自然農薬オンリーで十数年育てています。勿論黒点病はつきものですが、罹りにくいバラも沢山あります。 降雨時は体力の無い鉢植え、ミニバラはベランダ下です。 害虫には殺虫剤でなく、虫を寄り付かなくさせる虫の忌避剤を使っています。(=自然農薬)

カミキリムシ接近注意… これにはネット布20㎝位の幅に切って株の地際からグルグル巻きつけています。布のは自然布なので蒸れる心配なしです。カミキリ虫は足が絡みつくので嫌がって、寄ってこなくなりました。薬不使用です。

1

大苗は5鉢 10鉢だから 少しはアドバイスできるかな と 1.黒星病 とにかく 黒い点の葉 すぐ取る 明日でなく今 明日には 数倍に増える 特に雨の後は すぐ取る 原因が 雨に含まれる 空気中の浮遊した菌が 葉の表面に 雨の跳ね返りで 土から 空高く舞い上がり(歌) 葉の裏側に ーーーーー 一番楽なのは ベランダにしたで 雨にあたらない場所 ミニバラ 数鉢を 置いている 黒は出ませんね *スプレーは 予防 と 治療 の別別です 予防は 月1回 多くても 3週間に1回 効果が 30日と記載 治療は すぐかけて 付近への防止 黒い葉は取る 治療用=拡大防止だけ *スプレー 高い 少ない *薄め方 カラになったスプレー容器 1000ml に 1mL入れるだけ 1ml とは 1CC 角砂糖の大きさ

1人がナイス!しています

ペットボトルのキャップの容量は約5ml(ミリリットル) ベニカが 1000mi  空になった容器に 1000倍 キャップ 2割  500倍 キャップ 半分 いとかんたん

1

ランを40年以上栽培しています。 10年位前に娘が母の日にとバラを送って来ました。 さー大変、みた事もないチューレンジバチの青虫、花が咲けば バラゾウムシ、茎が粉っぽいと思ったらテッポウムシ・・・ ランに比べ数倍大変です。 そこで当方ではバラ科はウイルス病を持っている可能性が高いので ランと温室で同居むは無理です、幸い東と南側にガラスの多い部屋 が有りますので(サンルームに近い感じ)そちらで栽培しています。 薬剤散布は年4回程度で、うどんこ病と葉枯れ病が発生する程度で 治ってます。 >「バラ育て。 疲れて来ました。。。」 は大変よく分かります。 参考にはならないかも知れませんが害虫に関しては圧倒的に減り ますので、参考に♥︎

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/18 21:09

ありがとうございます。 蘭も、難しいのだと思っていました。 バラの方が。。。 本当に、疲れて。 室内、いいですね。 飛来害虫にはなす術がないので。 気持ちをわかって頂け、嬉しかったです。

0

ある程度諦めも肝心ですよ。 枯れないように管理をするだけで十分とも思います。 消毒の日々で疲れてゃてるのは論外でしょう。 楽しくてやるなら良いでしょうがね。 ガーデニングは楽しんでナンボです。 カミキリムシっていますか? 根元にネットをグルグル巻くだけでも 効果はあるもので薬剤散布はそんなに必須でもないです。 黒点病は長雨の前に 予防薬を散布すれば1月は持続しますし。 鉢数が少ないようですから そもそも希釈タイプを使用するのも疑問です。 使用期限がありますからね。 破棄する際大変になりますよ。

ID非公開

質問者2021/7/18 16:13

ありがとうございます。 おっしゃる通りだと思います。 よくわからないため、この病気にはコレ、と、言われるままにしか対応出来ず、やらないと、と思って用意しました。 お勧めの薬剤には希釈が多いですね。 スプレーのみで対応していけばいいかな。 諦め、肝心ですね。 楽しくなくってしまったら本末転倒ですね。 カミキリムシ、去年被害を受けたので、今年、薬剤を買ってみました。 株元に網も巻いてます。 それだけで充分だったのかな。。 だんだん、訳がわからなくなってきむして、ここで助けを求めました。 すでに、希釈薬剤、使い切れるわけがないのに、破棄するのはどうした、と悩んでいたところなのにまた買ってしまい、少し混乱してるんだろうなと感じました。 見直してみたいと思います。 無農薬で育てている方もおみえのようなのですが、その方のお使いのものは高価で手がだせなかったりして。。 せっかくのバラ育て、続けてたいなぁ。