ID非公開

2021/7/18 17:08

33回答

FGO第2部6章後半ネタバレ注意

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さまご回答ありがとうございました!

お礼日時:8/23 3:25

その他の回答(2件)

1

結論から言いますと、異聞帯のモルガンです。 ベリルがブリテンに到着したとき、そこは既に妖精たちが滅び去った荒廃した大地でした。 ベリルに召喚されたサーヴァントであるモルガンは「ここならば自分の国を作れるのでは」と思案し、レイシフトを解析して過去の自分に接触。 未来の情報を渡すことにより歴史を改変しました。 その影響でサーヴァントであるモルガンは消滅します。 なので、6章で敵対しているモルガンは純然たる異聞帯の王であり、ベリルは便宜上「マスター」と称してはいるものの実際は二人の間に契約はないものと思われます。

1人がナイス!しています