ID非公開

2021/7/19 7:57

66回答

副業でランサーズにあった20000円の仕事を引き受けました。しかし今のスキルでは難し過ぎました。。

補足

皆様ありがとうございます! 相談したところ今回は許していただけそうです。本当にアホでした。ちなみにIT関係の仲間は1人もいません。完全に1人ひっそりやっている環境です。過去にメンターに付いたこともありますが徐々におかしな話をしてくるようになりやめました。副業なのでIT会社に所属するのは無理です。しかし何かIT関係のコミュニティとか友人でも作れたらと思ってるのですが何かアドバイスをいただければと思います。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

許して貰えて良かったですね。ヒヤッとしたでしょう。 リモート作業だと仲間は作りにくいんですよね。 一度一緒に仕事をすると仲良くなったりするんですが、副業だとそういう機会も無いと思います。 ですが副業でやるってのは、そういうものだと思います。 既に出来る事を副業にすると安全なんですけどね。 今だと本業に影響を出しかねませんから、まずは趣味としてはじめて、SNSなどで一緒に楽しめる仲間を探して、慣れてから再チャレンジされたら良いでしょう。今だと安全マージンどころかリスクを負うって副業している状態じゃないかしら。

その他の回答(5件)

1

補足を受けて。 プログラミング関係のコミュニティはけっこうあります。 でも、胡散臭いとこも多いので本当に注意した方がいいです。 マナブや竹花貴騎のような明らかに問題がある人たちは分かりやすいでしょう。 一見すると健全なコミュニティですが、実は反社や半グレがやってるようなところもあるんです。 最終的には高額な情報商材に誘導するという。 自分で積極的にかかわることができるなら、Qiitaがおススメ。 間違ったことを書くとすぐコメントで訂正してくれます。 友人を作るという感じではないけど、レベルアップはできるでしょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/19 12:15

情報ありがとうございます。孤独は受け入れないとダメなのかもしれませんね。カモられないように気をつけます。

1

ランサーズでどうなのかはわかりませんが、システム開発では割とよくある事例だったります。 さて、ランサーズの利用規約によると「何らかのトラブルが発生した場合は、当事者間の誠意ある協議によって解決するものとし、弊社はそのトラブルについて一切の責任を負いません。」となっています。 法的には、受託契約における債務不履行(民法415条)となり、債権者(依頼者)は契約の解除とこれによって生じた損害賠償を請求することが出来ます。 まずは依頼者側と誠実に話し合いをして解決を目指しましょう。 労働時間ではなく成果物ベースなので2万円の報酬は受け取れないでしょう。 損害賠償額は0から多くても数千円程度が予想されます。2万の案件で数万数十万と要求された場合は一旦支払いを留保した上で法律相談された方がよいでしょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/19 12:16

ありがとうございます!

0

あるけど損害賠償請求とかその手の話になる。 契約時点でそういった事項も含めておくのが本来あるべき姿です。 現時点までの成果を渡してタダ働き、だけで済むといいですね。

コミュニティとかは異業種交流会はあるけど、完全なお仲間はなかなか見つからないんじゃないかなあ。 外の勉強会とかでてる? そこらへんにはいるかもしれない。 契約のあれそれとかは、多分元会社員の方が強いと思うよ。 ご飯奢って教えてもらったらどう? そういう非技能スキルも飯の種だから、感謝してやってね。

1

>こういうケースはレアなのでしょうか? 個人的には(他の契約を見てないので)レアだと思います。 自分の技量にあう仕事を選びますからね。 そこを見抜けないと言う点では背伸びして仕事を引き受けたって事にもなるのでは? まずランサーズのQ&A確認してみるとか? 何より早々に相手側に事情を説明してって事でしょう。 多分悪い評価が付くでしょうが仕方ありませんよね。 法的ってなら契約違反もですが相手側のスケジュールに穴をあけ損害が出たとしたら損害賠償請求も? でもそこまでやろうとするほどの事なら専門家に業務委託しているでしょうし。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/19 12:16

ありがとうございます!

0

>こういうケースはレアなのでしょうか? はい、レアですね 大抵は辞退なんてありません 受けた以上、完成させるという以外の選択肢はありません 知恵袋で”どうしたら良いですか?”と回答をのんびりと待ってるんですね 出来ませんと言ったら即座に法的な契約違反にはなりませんが クライアント側は”作る”という前提で予定を組んでいるので その5日分の企業損失は弁償しなければいけません 知恵袋でのんびりと回答を待っている間に弁償額は増えていきます 1日経過するごとに弁償額は増えていきます まあ数千万から数億円の弁償です だから辞退なんて普通はしません、作る以外の選択肢はありません これを払わなかったら法的な契約違反としてクライアント側が裁判に持ち込みます まあどうしても作れないなら20万ぐらい払って誰かに代わりに作ってもらうしかないでしょう 数億円の弁償をするぐらいなら20万払って誰かに作ってもらうほうが損失が少ないです そうやって逃げ道を探します