ID非公開

2021/7/19 23:17

1111回答

住宅ローンの手付金を現金(紙幣)で支払っていたため、銀行が金消契約ができないと言ってきました。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(10件)

0

ID非公開

2021/7/23 19:21

①現金支払いでも問題ないと思います。 ②手付金は普通は1回だと思います。 その不動産屋からは、2回に分ける理由についてどの様な説明を受けましたか? ③一部手書き=改竄の可能性がるからだと思います。 一番大事な金額の部分を手書きにした理由についてどの様な説明を受けましたか? ご自身が作成した契約書ではないなら無効です。 署名押印しているのなら、自分が作成した事になるので取り返しはつかないと思います。 不動産屋に連絡をとれば、別の融資先を探すのを手伝ってくれると思います。

3

貴方のあまりにも浅はかな対応に驚愕しています。このご時世にそんな対応を取るとか、銀行員の苦労が痛いです。 ① 手付金を現金で行ってはいけなかったのでしょうか? 法的にだめではありませんが、銀行としてはキチンと払ったか否かわかりません。 詐欺を考える人は簡単に領収書なんて改竄しますからね。 ② 手付金を2回にわたって渡してはいけなかったのでしょうか?銀行からは普通は一回と言われました。 建物代金じゃなくて土地購入代金ですよね? 逆になぜ2回なのか疑問しかありません。 そもそも契約時に買う意思を確認するために手付を払うことが多いです。建物と違って最終資金の間に経費が発生することもないですからね。 ③このようなケースはよくあることなのでしょうか? よくはないですね。それだけ貴方の行動が異例づくしで、第三者のわたしから見ても疑問しかありません。 担当者の方もかなり苦労して本部と対応されてたのだと思いますね。 今回はあまりにも貴方の思慮がない行動が原因ですね。高い反省代だと思って、少しは常識的な行動をとられた方がいいとおもいますよ。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/23 18:58

この件はハウスメーカー、不動産会社からの提案で実施しました。 他人を浅はかとバカにしたいだけの不愉快な輩からの返答は不要です。

2

手付金は分けて払うものじゃありません。 そして一部が手書きですか? これはもう疑われて然るべきです。

2人がナイス!しています

2

通常、金融機関が本審査を可決すると言う事は重大な契約となるので金消契約時に反故にするのは、そうそうありません。 余程のことが無ければ本審査可決後の金消契約は行われます。 手付金は現金でのやり取りは一般的なので、ここが問題では無く、お金の流れに疑義があると金融機関は判断したと思います。 現に「本当に現金で支払ったんですか?」と疑われてるわけですよね これは、たまにお金が無いのに不動産屋と結託して、支払ったかのように見せかけて書面を作成する輩が居てるからです。 まず間違いなく、これを疑われてますよ。 1度、その金融機関に疑義を掛けられると、覆すのは非常に難しいと思います。 できる事は、他の金融機関で再度、審査するしか無いと思いますよ。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/20 11:23

不動産屋を通じて現在の土地所有者に現金で支払っており所有者名での領収書も入手しています。 現金で支払ったことよりも、手付金を2回とも紙幣で(1万円札100枚以上)を準備して支払ったということが引っかかっているようです。 手付金の2回分割は私が頼んだのではなく不動産屋からの提案で実施しました。

0

お金の流れの証明があればよいなら、 不動産屋に相談して、払った手付金を一度戻してもらって、その場で不動産会社の口座に送金するってことでなんとかならないものですかね。 不動産屋の返金手続きや領収書の破棄、再発行など手間が増えますが、 今から別の金融機関に審査やり直しなどになるくらいなら、不動産屋も協力してくれるのではないかなと思います。

ID非公開

質問者2021/7/20 11:21

不動産屋を通じて現在の土地所有者に現金で支払っており所有者名での領収書も入手しています。