ID非公開

2021/7/20 17:57

44回答

三角関数です。

画像

数学 | 高校数学61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/20 22:50

690°としてなら書くことが出来ました。 ですが、どこが分からないかが分かりません。

その他の回答(3件)

1

23π/6=(24π-π)/6=4π-π/6 sin(23π/6)=sin(4π-π/6)=sin(-π/6)=-sin(π/6)=-1/2 cos(23π/6)=cos(-π/6)=cos(π/6)=√3/2 tan(23π/6)=tan(-π/6)=-tan(π/6)=-1/√3 -5π/4=3π/4-2π sin(-5π/4)=sin(3π/4-2π)=sin(3π/4)=1/√2 cos(-5π/4)=cos(3π/4)=-1/√2 tan(-5π/4)=tan(3π/4)=-1

1人がナイス!しています

1

π=180° ↓ 1/6π=30° ↓ 23/6π=30°×23=690° 角度は360°で1周して元に戻るので、 690°=360°+330° より、330°と同じだと見なせます。 330°で考えてみれば分かりませんか? (2)はマイナスがついてますが、これは角度が反対方向に回るだけです。 例えば-40°ということは、360-40=320°と同じことです。 本当は弧度法で慣れたほうがいいとは思いますけどね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/20 23:04

その解き方で解いたら求めることが出来ました。 ありがとうございます。

3

Ken-Kenさんの仰る通りです。 数式にばかり目が奪われて、解説の最初のところに書かれている 「角θの動径と、原点を中心とする半径rの円との交点」 というのを読み流してしまっているのかもしれません。 ここに書かれた通りに作図すればよいわけです。 (1) の問題であれば、θを (23/6)π として、「角 (23/6)π の動径」を描くことになります。 他に何かわからないところがあったら、解説文のどこがわからないのかを教えてください。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/20 22:47

ありがとうございます。 動径まで書けました。 その後から分かりません。