東日本専用の家電製品を西日本で使用した場合、壊れると聞いていたのですが、 正解は「壊れる可能性が有る」なんでしょうか? ならば、一回試してみるくらいは有りなんでしょうか?

冷蔵庫、キッチン家電 | 工学95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

前の方々がいうてますが、壊れるなら、貴方の勝手ですむんやけど、火事でも起きたらどうします? 貴殿の家は自業自得でええけれど、隣家を巻き込んだ火災は大変やど。火事なら人死ぬこと有るしなぁ やっちゃいけないことやってるので、電機メーカも、電気機器メーカも、保健会社も相手してくれないかもよ。 証明難しいけれど、過失致死じゃなく、未必の故意だと、殺人の疑い掛けられたらどうするよ(使えないのを知ってて使ったら、火事になってもええと考えたということやろ)。 試して見るなどという子供じみた事やめて、素直に買い替えなさい。

0

電気製品は電圧と周波数で使用可否があります。 別の周波数の製品を使用すると壊れやすい、ではなく「使ってはいけない」が正しいのです。 使って事故が起きた場合の責任は全て個人に帰します。どんな保険も適用外です。

0

周波数依存で動く機械は回転数が異なりますから、ダメとなります。 それ以外の、例えば電熱器・電球・あるいはいったん直流にしてから動作させる機械は問題なく動きます。 最近はインバーター方式でいったん直流にしてから、動かすものが多くなってますので、50/60Hz問題は少なくなったように思います。