回答受付が終了しました

新築で住宅を建設中のものです。 電柱を私の敷地内に1本立てることなっているのですが、立てる場所に隣接している方からクレームが入りました。

土地 | 新築一戸建て94閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(5件)

1

>そもそもこちらの敷地内のことなのに、電柱を立てる場所に口を出してくる権利はあるのでしょうか? 権利はありません。敷地内であればどこに立てようと自由です。 ですが、今後お隣さんになるわけですので、事を荒立てることはあまり得策とは言えません。 電力会社などの協力を仰いで、うまく立ち回るのが賢明です。

1人がナイス!しています

1

他に移設しても問題無いならそうした方が今後の近所付き合いのためにはなりますが、そもそも考え方としてはあなたの土地であなたのためにやることなので、無理に移設する必要はありません。

1人がナイス!しています

1

①そもそもウチの土地の中のことなのに、電柱の位置に口を出す権利があるのか? →電線や電柱の影が隣地に大きく影響する場合はあるかも知れません。 生活に重大な影響がなければ社会生活上の受忍限度として受け入れるのが 普通です。 ②③ →その時は電柱の移設をすることは出来ます。 ところでクレームを入れてくるお宅は、どのように受電されているのでしょうか。地下埋設などの方法もありますので電力会社と相談しましょう。

1人がナイス!しています

0

電柱に文句は言えないが、架線が自敷地上を通なら文句は言う

2

あなた様の仰る通り、お隣の方は貴方様の敷地内の工事に口を出す事はできません。 お隣の方が電柱を自分の敷地に立てる事があっても誰も口を出す事は出来ないからです。 他人の資産、言動に口を出しますと、強要罪に問われます。 言ってはいけない事を、お隣の方は言っています。 但し、電線が隣地上空を通過していたり、電線に鳥が止まって、隣家の敷地や車を汚す事があった場合は、電線の所有者に民事訴訟、損害賠償請求をする権利は有します。 個人の住宅を建てる事を建築と言います。 建設ではありません。 建設は社会インフラの整備、それに伴うハコモノ工事を指します。 旧住宅金融公庫や住宅支援機構が建設費用と言っているのは、貸す側は社会的役割が目的ですが、借りる側は個人の住宅ですので建築が相応しいです。 住宅メーカーが建設と言う場合は、建設業免許を取得して居るので建設を名乗る事もありますが、個人住宅建築を建設と言うのには懸念が残ります。

2人がナイス!しています

ご指摘いただき有り難うございます。 建設と建築の使い方を誤っていました。 敷地内の事に口を出すことはできないというのは、法律で定められていふものなのでしょうか?