ID非公開

2021/7/22 10:03

33回答

後継者の少ない伝統的な職業 日本の伝統的な技術の職業で、引き継ぎ手の人手が少なくなってきている職業は何でしょうか。

画像

伝統文化、伝統芸能 | 習い事47閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/7/26 23:56

回答ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。

お礼日時:7/26 23:56

その他の回答(2件)

1

知恵袋では、参加者の属性から,職業相談への平均的社会人レベルのまともな回答を得るのは無理です。 それといい年をした社会経験のある大人でも現業レベルならたいていが、伝統工芸が成り手がなく惜しまれつつ姿を消すを真に受けているので、若い人なら、当然にそこに救世主的に渇望されている求人があると錯覚します。 まずは、都道府県の伝統工芸品という一覧をWIKIのページでみて、写真に収め お近くのホームセンターに行ってみてください。 そして伝統工芸とは製法において、樹脂は科学的なものではない漆のみであったとして、あらゆる固形やペンキに代表される樹脂、さまざまな金具も印刷技術もなかった時代の手作りの木工などの産物であることを想像してみましょう 今伝統工芸として残っているものは、①先祖代々の当主として受け継がれるその地の文化の継承者としてのマスコミでも取り上げられる老舗の経営者、そして、②その地方の名物としての観光で取り上げられるお土産品~高級品までのもの、さらには③神社仏閣、伝統作法と芸能の家元制度で求められる調度品や道具や着物への需要に応じるものです。 しかも経済産業省の証紙で証明されるものを作る各分野の伝統工芸士登録にもその絞り込みのため、業界全体から経験年数や技術での同業人からの総意をとりつけられていることが必須の条件です 昔は別に伝統工芸などというたいそうなものでなく、すべての人が使うすべての日用品が(工場ではない)個々の職人が手作りするもの以外になく、これの需要が業界の人個々の生活ができる収入を生み出し、その頂点に一部の富豪のための特別仕様の高級品を作る名工も存在しえたのです。 先ほどの残っている絶対的存在の伝統工芸の担い手に、安く使える名もなき職人しか必要がないとして 分業のうちの一角を担う職人がいるとして、自分の子供が継がないからと言って、見込みのあるものを素人に譲ったり、給与を出せば、たちまちその分の自分の収入を減らしてしまうので、もしもそういった受け入れをする求人があれば、単なる清掃や力仕事や配達を伝統工芸の修業という名のもとに酷使する、おびき寄せ使い捨てのものか、あるいは、すでに自らの採算性の見込みがなくなった時点で、設備をスクラップにして廃棄するしかないものをもっともらしくべらぼうな高額で買わせるため(しかも買わされてひきついだ途端、生活ができないことがわかりジエンドです)のものと考えておかれる方がいいでしょう。 伝統工芸の業界のまともな会社にちゃんと従事しようとする人には、好きなことを優先でできるため、(美大芸大関係者ほどでないにしても)経済的裏付け(実家の不動産収入や自らが社会人をして貯めた原資)を持っている人が意外に多いですし、またそれらがまったくない人も、伝統工芸の種類を何も絞り切れていないという人は皆無で、むしろ漆芸にしろ、陶器にしろ、木工にしろ、自分が極度なほどに魅せられたものに、なんの将来性も見通せないはずなのに、人生をかけて好きな業界の一員になりそれで生活したいと、伝統工芸の専門学校や研修所に大勢とともに在籍し(すでに親方や作家になれるとの幻想などみじんもなく)日々謙虚に訓練して即戦力技術を着実に身に着け就職を見据えています ガラス工芸の養成所や窯業地の技術試験場に見学に行かれたり 朝ドラのスカーレットの絵付師時代を視聴したらいいでしょう

1人がナイス!しています