日本人の中で中国語を勉強している人がいますが、その多くは中国語(北京語)を勉強していますよね?

中国語21閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

台湾でも香港でも中国語が通じるようになっているので、特に広東語や台湾語を勉強する理由がないのだと思います。 特に台湾語は台湾の若い女の子にはあまり通じません。 中国語のほうが通じるので台湾語を勉強する必要がないのだと思います。 台湾華語と台湾語を誤解してる回答もあるようですが、台湾語を使う台湾の若者はあまりいないので今後はさらにに使う人が減ると思います。 台湾語を台湾華語と誤解している書き込みがあります

1人がナイス!しています

0

中国語学習者のほとんどすべてが中国語標準語(普通話または台湾華語)を学んでいます。 台湾語と言うのは方言で、閩南語のことを指します。広東語も、また他の方言を含めて、方言には基本的に文字が無く、系統立った教育システムは有りません。直接方言のみ学習しようと思えば、現地に住むか、方言のみの環境で耳から覚えるほかなく、困難を極めます。 中国語は文字で書けば、一部を除いてどこの方言もほぼ同じなので、方言を習得したければ、標準語を先に覚える方が近道なのです。

1

台湾語はたくさんいますよ。主に繁体字習得が目的ですね、会話だけなら、大陸の普通語とさほど違いませんから。 広東語は少数だと思いますよ。そもそも学べる所も少ないし、ビジネスでも広東語が必須なケースが少ないでしょうから。

1人がナイス!しています

1

例えば外国人が日本語を勉強するときに津軽弁を選択するようなものです。 普通話(北京語)を話せれば中国全土で通じますからわざわざ広東語や台湾語を勉強する意味がないですよね。広東語が話せても香港や広東省でしか通じませんから。 普通話ができた上で広東語を勉強する人はいますよ。

1人がナイス!しています