ID非公開

2021/7/23 10:06

99回答

なぜ日本とドイツは第二次世界大戦で戦争にただ負けただけなのに、世界から犯罪者のように扱われたのでしょうか?

日本史 | 国際情勢95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

rai********さんご丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:7/29 8:38

その他の回答(8件)

0

本来、戦争というものは外交の延長線上の意思決定方法であって、己の正義のために譲れないことを主張するための行為、つまり「権利」です。だから戦争を始めること自体は悪ではありません。裁判で告訴するようなものです。その権利があります。 しかし欧米ではすでに「第一次」世界大戦でこのままでは人類が滅んでしまうんじゃないかというような戦争を経験しています。ところが日独伊が同盟を組んでまた世界戦争になってしまった。だから今回ばかりはと事後法により「侵略戦争の製造者責任」を問うことにしました。それがA級戦犯であり、侵略戦争を始めたことに対する「罰」です。 ですので第二次世界大戦での敗北は普通の敗戦とは意味合いが大きく違います。だから悪者にされてるわりには過剰な賠償金も貸されなかったし、もちろん奴隷や植民地にされることもなかったし、平和的な態度を見せてる分には戦後の復興に対しても協力してもらえたでしょ。「長期間占領され」とありますが、そのまま植民地にされたわけじゃないですからね。

0

戦争に負けるとは、そう言う事なのです。 第一次世界大戦に負けた時のドイツなど、もっと悲惨でした。とてつもない額の賠償金を取られてハイパーインフレが起こり、その後も不景気が続いてナチスの台頭を招いたのです。歴史を遡れば人権どころか人命すら蹂躙されるのが当然でした。

下の方が「アメリカに逆らえば悪になる」と仰ってますが、より正確に言えば「アメリカの逆鱗に触れた国は、悪と言うレッテルを貼られて潰される」です。 敵に対して悪と言うレッテルを貼るのはごく普通の事であり、戦争に勝てばそのレッテルが定着します。今それだけの事がやれるのはアメリカぐらいなので、アメリカ特有の事と勘違いされているようです。

0

既に立派な回答がありますから重複は避けます。 民族を丸ごと根絶やしにしようとしたナチスは少なくとも民主的に成立した政権でしたから厳しく監視されたのは当然でしょう。 一方の日本に関しては未だ人種差別が根強い時代でしたから、軍事のみならず産業面でも骨抜きにする意図があった可能性を感じます。 もしも日本が先に降伏し、イタリアやドイツが最後まで戦っていたら、果たしてアメリカは原爆を落としたのか。 当時はまだ当たり前の人種差別思想があったからこそ日本に対して極めて厳しく監視したと理解するべきでしょう。

0

捕虜や民間人殺害に関与したから 仕方がないです。 何もしないとナチスや旧軍部が 復活しちゃいますからね。 大多数のの国民がナチスや帝国陸軍を 支持していた事を忘れないように。