小6算数の問題で数列っぽいきまりのある計算です。中学入試にでる内容らしいのですが、小学6年生にもわかる解き方、中学受験で常識のときかたがあれば教えて下さい。

画像

算数 | 中学受験34閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。群数列をイメージしますね。常識のお話などすごく参考になりました。

お礼日時:7/23 21:49

その他の回答(3件)

0

分母でグループを作りますと、 1、2、3、・・・と、グループに属する数が増えていきます。 k番目のグループにはk個の数字が入っています。 そこまでの個数を数えると、 1=1 1+2=3 1+2+3=6 1+2+3+4=10 これで60番目を探します。すると、 1+2+3+4+5+6+7+8+9+10=55 1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11=65 ということで、11番目のグループ、つまり分母が11の数の 分子が5番目、つまり5/11になることがわかります。 中学では、1+2+3+・・・+k=k(k+1)/2となって、 60番目がいくつになるかと数えれば、k(k+1)/2=60で計算します。 これは中学3年でやる2次方程式になってしまいます。

0

分母に着目!。 1のとき、分子は1のみ。なので、1個 2のとき、分子は1,2の2個 3のときは、分子は1,2,3の3個 つまり、分母の数と同じだけ分子が存在します^^。 10/10 は何番目か考えると・・・ 1+2+3+・・・+10 を計算したものと同じです!。 並び替えると、 10+・・・+3+2+1 2式を足すと、11×10と分かるので、 110÷2=55 と分かる^^。 ここから5番目なので、 5/11・・・こたえ