鎌倉武士団と欧州の騎士団が戦ったら どっちが強かったと思いますか? 戦闘形式は両軍共に同兵力で広い平野で戦う前提でお願いします。

日本史 | 世界史95閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

1

西洋騎士が着ていたチェインメイルというのは、鉄の輪っかをたくさんつなげて、人が着れる形にしたものです。1枚の鉄板で作られているプレートメイル、あるいはラメラアーマーと違って柔軟性と通気性に優れている反面、完全に閉鎖されていないので弓などの刺し傷を防げず、身体に密着している故に打撃に対して極めて弱いのです。 この時代の武士の刀は太刀という分類で、それ以降の時代で好まれた打刀とは別の武器です。打刀は斬ることと突くことを目的にした武器ですが、太刀は「打ち物」の名の通り強固な鎌倉武士の大鎧を叩いてダメージを与えることを目的にした打撃武器です。同じく薙刀も「打ち物」であるため、チェインメイルを着込んだ騎士たちには絶大な効果があったでしょう。 そもそも、中世の欧州騎士というのは遠距離からの攻撃に極めて弱く、アラブの軍勢にしてやられたのは、アラブの弓兵が要因です。そのアラブに弓で競り勝ったのがモンゴル帝国であり、そのモンゴル帝国に弓で競り勝ったのが日本の鎌倉武士です。 中世にあっては欧州騎士たちに勝ち目はないでしょう。 後世の武士たちにとって「まるで鎌倉武士のようだ」と称えられることが最大の誉め言葉であったそうですし、鎌倉時代は日本刀の黄金時代で、後世では再現できないとも聞きます。鎌倉武士は本当に強かったのでしょう。

1人がナイス!しています

0

普通の状態であれば、鎌倉武士が西洋騎士の3倍いても、武士が負けるでしょうね。 鎌倉武士の主要武器の太刀や薙刀は、西洋騎士のチェーンメイルに対して無力です。 唯一有効なのが、弓ですが、日本の弓の有効射程距離が30mほどと極めて短いため、戦闘では1射しか効果がが無く、完全に西洋騎士にけちらされてしまいます。 鎌倉武士が勝つには、相手が容易に近づけない障害があるか、天候が極めて暑いか、寒いかの時です。 気温40度、湿度70%なんて状態ですと、チェーンメイルなどつけていられません。 また冬の北海道のような気温がマイナス10度なんてところでも、チェーンメイルをつけられませんから。

0

欧州の騎士団ですね(^^)/ 武装度、集団戦術いずれをとっても、 鎌倉武士団では遅れを取るでしょうから・・・(>_<)

大軍を相手に戦った経験値でも、 鎌倉武士団は数えるほどしか経験が無いか まったく経験が無いでしょうが、 欧州騎士団は、欧州国内での戦いや トルコなど異教徒との戦いばかりを繰り返してきました(^^)