ID非公開

2021/7/24 21:36

22回答

「ナチス第三の男」でも描かれましたが何故ハイドリヒが暗殺のターゲットになったんですか?ヒトラーやヒムラー、ゲーリング、ゲッベルスを狙わなかったのは何故ですか?

補足

質問しておいて言うのもあれですが加えるとヒムラーの背後にいて、影響力を行使していたのがハイドリヒだったので、彼を何とかしたら、ヒムラー自体は、どうにでもなると見られていたのでしょうか?映画では、そんな感じでした。

世界史 | 外国映画43閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

映画でも描かれていましたが、実はハイドリヒ、手術すれば助かっていました。その手術を理由をつけて遅らせたの、ヒムラーみたいっす(;^ω^) ハイドリヒは優秀かつ冷酷で、上官のヒムラーなどからも恐れられていました。死んで、ヒトラー以外はみんな喜んでたとか(^▽^;)

その他の回答(1件)

0

ヒトラーは何度か狙ったものの計画が実行されることもなく失敗。 ゲシュタポの長であるヒムラーは警戒が厳重で近づけず。 ゲーリングはザコなので、暗殺の対象にならず。 ゲッベルスはヒトラーと同じで実施までいかず。 ハイドリヒは現場の人間だったので、チェコスロバキアのレジスタンスの協力で攻撃が可能だった。