ID非公開

2021/7/25 5:01

77回答

至急お願いします。

資産運用、投資信託、NISA | 株式316閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

以下がオススメです。 海外 野村外国債券インデックスDC ステートS外債インデックス 外国債券は利回りが良く、リスクが少ない

0

4つに分散する必要はなく、oneたわら先進国株式100%でよいと思います。 MSCI-KOKUSAIインデックスに連動するので、先進国企業に幅広く投資することになり、その経済成長の成果を享受できます。 また信託報酬率(毎年の運用手数料)が0.1%で、低コストです。 定期預金型、保険型は、何十年持っても資産が増えません。 日本株は、過去30年株価が伸びていません。 債券は、ゼロ金利政策下でリターンが期待できません。 バランス型、ターゲットイヤー型は、中途半端な詰合せ商品です。 REIT(リート)は不動産投資です。 アクティブファンドは、指数連動型のインデックスファンドに比べて、信託報酬率(毎年の運用手数料)が高いです。 MSCI-KOKUSAIインデックス https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/indices/06.html お勧めファンド (お勧めの中にoneたわら先進国株式あり) https://youtu.be/SVDjU9kuP4Y 債券、バランス型ファンドは不要の理由 https://youtu.be/5pOq0hve2jU なおiDecoをやるなら、商品ラインナップの豊富なSBI証券がお勧めです。 金融機関比較 https://ideco.morningstar.co.jp/compare/compare-goods.html

1

oneたわら先進国だけでよいです。 米国とEUの株でこの先も伸びる可能性大だからです。日本株は不要。伸びないから。債券など増えないので不要。 で、一番信託報酬率が低いたわらしかないです。

1人がナイス!しています

0

この中なら みずほ信託外国株式インデックス これ100%。 大事なのは絶対ブレずに続けること。 大きくマイナスになったからと言って、他の商品に目移りしないこと。 積み立て投資は下落局面こそが利益の源泉です。

0

(回答になってなければ申し訳ないです) 企業型のDCで数年やってますが、iDeCoってこんなに商品の選択肢少ないんですかね? これだと ・外国株式系の商品から選ぶ ・(節税効果のみを狙って)債券系の商品から選ぶ+NISA口座でアメリカのインデックス(S&P500など)に連動するETFや投信を毎月数万積み立てる のがいいかと。 別の方も話されてますが、国内株式系の商品は中長期だと厳しいかと思います。 私も10年以上日本や外国の個別株投資をしてますが、最近は日本株の保有比率を減らし外国株にだいぶシフトを始めてます。