ID非公開

2021/7/25 9:18

66回答

推古天皇とか、飛鳥時代の天皇って大王の子孫って考えていいんですか?なんか日本史の教科書で、大君からいきなり天皇に変わって、そこの移り変わりがよくわからないのですが

日本史 | 大学受験49閲覧

ベストアンサー

0

天皇 古くは「スメラミコト」「スメロキ」「スベラギ」等と呼んだ。元は皇帝・天子・君主の敬称であり、古代中国で最高神、神格化された北極星(天皇大帝)を指す語である。 語源としては7世紀中頃以降で、中国語の天皇・地皇・人皇の一つに由来しており、スメラミコトの漢語表現であるとする説もある(この世紀に「天皇」の文字が初めて文献に現れたとする事典もある)。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんわかりやすかったのですが、自分に合う解説がこの方で1番わかりやすかったので。ありがとうございました。

お礼日時:7/25 11:31

その他の回答(5件)

0

教科書では、 天皇は万世一系 と言うスタンスで書かれています。 倭の五王、讚・珍・済・興・武は全員天皇の祖先であるオホキミだとして書かれていて、それぞれが天皇に比定されていますよね? そもそも、その時代の天皇は『オホキミ(オオキミ)』『スメラミコト(スベラギ、スメラギ)』などと呼ばれていて、『天皇』と言うのを一般的に使い始めたのは第40代天武天皇(或いはその妃の第41代持統天皇)の時代だと言われています。 別な回答者が書いている"現在の天皇が幕末で途絶えている"ってのは、史実として認定されているものではありません。 孝明天皇とその息子睦仁親王が伊藤博文や岩倉具視によって暗殺され、睦仁親王に成りすました大室寅之祐が明治天皇になった…と言う眉唾の説ね。 但し、大室寅之祐はただの庶民ではなく南朝の血統で、後醍醐天皇の11番目の皇子の子孫、と言うことになっています。

0

大君オオキミ→天皇に呼び名が変わったのは、天武天皇あたりと考えられています。大君も、男子直系の同じ天皇一族と考えられています。 諸説あって、古代ロマンを駆り立てます。

0

大王と呼ばれていた頃は、各地の豪族との連合国家であった のに対し、天皇という名称に変わってからは統一国家になっ ています。 天皇家は幕末で一度途絶えており、現在の天皇は直系ではあ りません。 初代天皇の神武天皇から統一国家になったということです。 ただし、この神武やのちの崇神、応神天皇は実在したかどう か怪しい点もあり研究対象になっています。 教科書レベルではそこまで細かくは語っていません。

ID非公開

質問者2021/7/25 9:53

回答ありがとうございます 1、連合国家→統一国家 国の大きさは変わらず、いくつかの国の集合がまとまったという認識ですか? 2、大王→天皇 連合国の頂点が大王、連合国から統一国への名称変化に伴い、統一国の頂点が天皇というふうに名称が変わっただけですかね?