回答受付が終了しました

ID非公開

2021/7/25 9:50

66回答

藝大や多摩美とその他の美大の違いが知りたいです。

美術、芸術 | 大学216閲覧

回答(6件)

0

東京にあるから、です。 他の大学で見ても 人気のある大学というのは 東京又は東京周辺にあります。 早稲田、慶応、上智、青学、明治など 立地は超重要です。 最近東洋大学が人気なのは知ってますか? あれも白山にキャンバスを移したからなんですよ。 芸大は国立で 多摩はマスコミに強いですから。

0

藝大ムサ多摩が話題に上がることが多いのは、首都圏の大手予備校がその3大学をメインターゲットにしていることによる刷り込みもあると思います。 大学が毎年公表する、志願者の出身高校の県別分布を見れば、藝大もムサビも多摩美も、志願者の7割は関東勢、中でも東京都は桁違いです。 例えば、金沢美術工芸大学や愛知県立芸術大学も、ムサ多摩と同等かそれ以上の倍率ですし、難易度や就職についても引けを取らないのですが、ご存知ない関東の方は多いですよね。東京藝大と併願できない京都市立芸術大学に至っては、殆ど関東の受験生の意識にありません。 まあ、下宿して国公立大学より、通える私立の方がお安く済むというのもありますが、それに該当するのは一部の関東勢のみですよね。 では、なぜ関東の大手美術予備校が、藝大ムサ多摩をメインターゲットに挙げているか、ですが、 首都圏にある美大であること、またムサ多摩は国公立に比べて格段に募集人数が多い(1桁違う)こと、はまずありますが、やはりこれらの大学の実技試験難易度が高いことだと思います。難易度の高い入試に備えて基礎力を鍛えてあれば、それより難易度の低い入試には、肩慣らしして調整すれば合格は狙えます。そこは一般的な大学受験と同じです。 また、作家活動する人はさておき、企業就職を希望する人は、専門職就活の実力勝負に勝ち抜く必要があります。入試レベルの差はそのまま、大学に入学してからの自己研鑽を支える基礎実技力の差です。実際に大学サイトの就職実績を眺めて、それを実感する受験生もあると思います。 あと、藝大の倍率が他と比べて高いのは、2~3浪くらいは覚悟している受験生が殆どだから、だと思います。 デッサンでの1次実技試験で振り落とされた後の2次実技試験が、他の上位美大の倍率くらいになります。 偏差値などの数字で測れない実技試験ではありますが、1次を通るかどうかは、実績ある予備校ならだいたい予測できます。今年は通らない、と分かっていても受験するのが、藝大受験の特徴だと思います。なので、藝大合格実績を競う大手予備校では、藝大1次合格者をスカラシップで優遇して、本気で合格を狙えそうな浪人生を確保していたりします。

0

何も知らない田舎の美大狙いが、大挙して受験するからです。 当然競争率は上がってくる。 東京五美大は、個人差が大きい。 順序を付けられるとしたら、東京藝大以外は、同じです。 俺は、日大藝術学部53卒ですが、多摩美が難しいとは、微塵も感じてねえ。 描けるもんなら描いてみろ。30号油彩

画像

美大って、合格する絵と、卒業してからの絵の才能がない 人とは違うんですよ。 美大に入る為の、絵は1年頑張れば、なんとかなる。 それから、才能のねえ人は消えていく。 50号油彩

画像
0

2つ有ると思います。 一つは、やはり受験段階から基礎体力が違うので入ってからも伸びが違う。結果、実力の差が大きく出ます。 、、、就活などでいろいろな美大生が作品集を持ってきますが、プロ並みの人と まるで小学生のままの様な人の作品集が並んでいるのは奇異な眺めですね。 そういう大学だから、美大受験生は みんなが目指すことになります。 しかし、、、、一般大学の受験なら模試の偏差値などで ある程度は受験校を自分で選びます。 しかし、美大受験では絵の偏差値が出ないため、夢見るワンチャン狙いで、自分の力量に適した大学を選ばない傾向があります。記念受験も甚だしいのです。 私立だと、実技と学科の総合点合否ですから尚更ワンチャン有るかと思っちゃう、、、 おおよそ実効倍率は半分くらいの数値ではないでしょうか。

0

歴史と実績があるからだと思います。 愛知、金沢、女子美、造形などは、芸大多摩美よりも歴史が浅いです。 wikipediaより >東京藝術大学と京都市立芸術大学は日本で最も歴史のある芸術学校 (京都市立芸術大学の前身は1880年設立。東京藝術大学の前身は1886年と1887年設立。) 日本芸術界を国内と国際的に支え、日本芸術産業発展と日本芸術文化推進など日本国家と日本芸術界に多大な貢献をした著名人を数多く輩出してきたことから「芸術界の東大と京大」とも称されている。 帝国美術学校 1929年に開校 artscapeより >1935年 帝国美術学校が帝国美術学校と多摩帝国美術学校に分裂 >それぞれ武蔵野美術大学と多摩美術大学の前身となった。 20世紀初頭、東京には太平洋美術学校、文化学院などの各種学校や美術研究所があったが、金原省吾と名取堯の二人はより公的な機関となりうる私立の美術学校を目指し、北昤吉の支援を受けて武蔵野町吉祥寺に美術学校を設立した。 >金原と名取は東京美術学校(現東京芸術大学美術学部)の教育が型にはまりつつあることを危惧しており、官立のアカデミズムから距離を置いた自由な校風を目指した。