振り出しロッドが折れてしまいました。先端から3節目の部分です。気に入っているロッドなので捨てたくないです。そこで倉庫で眠っていたロッドがあったのでそれと融合させようと思っています。

補足

皆さんの御回答をまとめて見ますとロッドを複合するというのはほぼ不可能ということですね。 皆様、ありがとうございました。今回のロッドに関しては諦めます。

釣り39閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

その二つのロッドの継ぎ目の直径がたまたまピッタリ同じで、かつ強さも同じくらいなら、ニコイチする事もできなくはありませんが・・・ 私はそういう時に使おうと思って、折れたロッドを何十本もストックしてありますが、実際に別々のロッドを上手く繋いで修理できた事は20年で1~2回しかありません。 やっぱり、別のロッドが偶然ピッタリ合う確率は、限りなくゼロに近いものですね。 ちなみに、釣具屋さんに頼んでも、そもそも合わないものを繋げるのは無理ですよ。 どうしても直したければ、メーカー修理で折れたところを交換するくらいしか無いですよ。

0

釣竿はそもそも一本の棒状で綺麗に曲がり、魚の引きをいなして釣り糸を切られないように設計されています。 長い棒状のままでは持ち運びに不便な為、分割(継ぎ竿)したり縮め(振り出し)たり出来るようにしています。 全体で一つとして設計されたものなので、他の竿の一部を組み合わせても素材の違いや厚み(肉厚)の違いで、綺麗な曲がり(カーブ)を描かず、竿の一部に負担がかかって折れたりする場合が多いです。 なので、お店に持ち込んで古い竿の部品と入れ替えてもらう事は、ほぼ無理です。 どうしてもやってみたい場合は、特殊な工具などがなくても自分で試してみる事は出来ます。 ガイドと呼ばれる糸を通す部分がない、俗に「延べ竿」と呼ばれる竿の場合は、尻栓という竿尻にあるネジをはずせば、竿の部品が出てきますので、折れた部品に合いそうなものと入れ替えて、継ぎ口の径があわなければ、耐水ペーパーで削ったりエポキシ樹脂などで肉盛りするなどして合わせます。 リールを付けて使用する竿の場合、ガイドを焦がさないように注意してライターで炙れば、接着剤が溶けてガイドをはずす事が出来ますからガイドがはずれたら、あとは延べ竿の作業と同じです。折れた部品を入れ替えてガイドを接着剤で固定します。 ただし、先に言ったように仮に上手く組み上がっても、素材の違い・厚みの違い・長さの違いなどで、上手く機能しない可能性は高いです。 ガイドの外し方については下記のサイトを参照して下さい。 https://www.ishiguro-gr.com/blog/detail.php?id=7631

1

私は昔からそのようなことも含めてDIYでやってます。 最近はフィールドテストで帰宅してから再改造もよくやるので 竿を買ったのはいつか記憶にないぐらいで多種多様な竿が自宅にあり活躍しています。 誰にでもは出来ません!

1人がナイス!しています

0

同じ径なら、なんとかなりますが、サイズが違うなら無理ですね。 直した場所の硬さもかわるので、元の様にはならないよ。 直すなら、ガイドを取って、底のねじを外して、差し替えると直せるけど接着剤が、意外と外れないのよね。直すのは、不可能ではないけど初めてだと難しいと思う。

1

径が合わない、調子(曲がり)が合わない、長さが合わないので無理だと思います。 他の竿の一部を継いで使える竿なんてほとんどないと思います。 道具や技術の問題ではないので釣具屋に頼んでも無理です。 ダイワとかシマノとかのメーカーの竿ならパーツを取り寄せて交換という形になります。無名メーカーのものなら新品購入か諦めるかです。

1人がナイス!しています