ゴルフクラブっていろんな長さがありますよね。 ひざの曲げる角度、上半身の前傾角度それぞれどう設定するのでしょう?

ゴルフ78閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(9件)

0

何事も「自然体」です 決まり事をたくさん作るのも悪くはありませんが 角度が色々決まると 今度は円運動(回転)の決まりを作らなくてはいけません 膝・腰・胸・肩・手首・腕など ものすごく多いです 決まりを作るのはいいのですが それっ!全部考えながら実行できますか??? 私のやり方は、 構えを決めて、スイングトップを決めて フォローを決めます つなぎは考えません 中でも構えを重視します 握り方を確認して 膝は曲げず伸ばさず(緩むだけ) 腕は片から垂直 前傾はクラブの長さに合わせて 同じスイングを心がけます 出来れば、プロにしっかり見てもらった方がいい段階です 無料の体験レッスンを片っ端から受けてみて 話の分かりやすい教室があれば通えば良いのです 動画を撮って、どんなスイングになっているか 常に確認することも必要です 変な癖がつかないようにどう進めるかを考えましょう

0

平地で打つ以上、クラブフェイスをちゃんと地面に合わせれば、そのライ角にあわせた前傾にしかなりません。 クラブのライ角が余程ずれてない限り、本来は前傾も手首の角度もあまり変わらないはずです。 ただ、各クラブにより、ボール位置が離れたりする事により、本人の目線が変わりますので、前傾角度が変わっている様に感じてるだけだと。 またウェッジに関しては、その都度打ちたい距離を調整しながら打つ目的があるので、スイング自体が変わる為に比較対象にならないかと。 また、良く打つ前にプロなどが膝を上下するのは、クラブの重心を感じインパクトをイメージしやすいのと、膝など身体を柔らかく使いたい為で、角度調整をしているわけではないですね。

0

アイアンの場合で言えば、これはセット物が多いという事で、クラブの長さ中間のクラブが7番とも6番とも言われていますが、それを持って自分の一番いい形に合わせる事、これが失敗の少ないやり方です。それができたら、その形に対してボールの位置を固定できるように膝を曲げる度合いを調整すればいい。初心者が自分でやると、必ずボールの位置が遠くなる、これが一番いけないこと。

0

自分にとって打ち易い姿勢でいいことです。結果が悪ければいろいろ工夫して良い姿勢を作り出すことです。クラブの長さによって膝の曲げ方と前傾姿勢も変わるでしょう。

0

膝を少し曲げていないとボディターンが出来ないので、クラブが変わっても同じだけ曲げます。 ってことは、上半身の前傾で調整しているのです。