マンションで部屋を貸してる人に頼まれて総合支援資金貸付という制度の申込書などの書類を書くのを手伝ってあげてるんですが、

補足

ありがとうございます。 これこそネット申請か、悪くてマークシートでやればいいんですよ。 マイナンバーとか、社会保険番号とか健康保険番号に雇用保険の番号、 住民税の番号から何でもマークシートに出来て、 更に銀行口座に様々な選択肢だって。 紙に手でペンを使って文字を書いたのを読んでなんてやってるから大変なんですよ。 どうせ他の役所や外郭団体も頼んでる、三井とか三菱の電算センターに頼めば、 あっという間に殆どの確認事項が読み込めるし、 本人の手書きの能書きの部分だけスキャナーで取り込んでしまえば、 全て電書化した画面でデータ化、転送、共有、保存できるし、、

福祉、介護 | 政治、社会問題203閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:7/30 5:08

その他の回答(2件)

0

審査は基準を満たしているかです 貧乏だから貸すのではなく コロナが関わっているかです 市や区の社協は提出書類は揃っているか 記載漏れはないかをチェック 審査とは関係ないところをチェックします 市や区の社協から都道府県の社協へは 都道府県社協の混み具合を考慮し郵送します 都道府県社協に着いた時点から審査中と 言われます 最終審査とは実際に審査してる時 審査には30分かかりませんが ひとりではなく次の審査員に回しますので そこでも待ち時間が生じます 今はかなり空いていますが 空いているゆえに正しい審査ができています 実際、詐欺や詐欺未遂あとは対象になっていないのに勘違いして申請している人が多いです

0

単純な話。 市区町村社協は、その市区町村のみの申請書をチェックすればいいが、 都道府県社協は、その都道府県すべての市区町村からの申請書を再チェックの上、貸付の審査をするので申請数が桁違い。 最近は、ある社協では「ヤクザには貸さない」との厚労省の指示のチェックの為に警察に「ヤクザチェック」を委託しているので時間が掛かっている。