ID非公開

2021/7/26 13:23

33回答

劇場版アニメ機動戦士ガンダム閃光のハサウェイにて

アニメ150閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

このシーンでは”ハサウェイ・ノア”が搭乗していたことに驚いています。 映画ではガウマンが取り調べでハサウェイを「有名人」と言っており、ブライトの息子ということも含めてそれなりに知られているようです。 また、マフティーの組織はガウマンが「初めてのマフティーの捕虜」と言われる程で内部情報が部外者に漏れることは無く、マフティーと連携を取ってない騙りのグループ(オエンベリの自称”マフティー軍”)がマフティーの正体を知ることはありません。 原作小説では ハイジャッカーが 「あのハサウェイか?」 と尋ね ハサウェイが 「君の想像通りだと思う」 と答える流れで、ハイジャッカーは 「そうか…反軍、反思想の持ち主と聞いていたが、なんで…いや、今は人質の一人になってもらうぞ」 と好意的な態度で接し、ハサウェイの思想に共感しているかのようになっています。

0

「ブライト艦長の息子が乗っていて驚いた」に近いと思います。 このシャトルをハイジャックしたのはマフティ―とは別の反地球連邦組織のオエンベリ軍です。 このため、オエンベリ軍はハサウェイの正体を知りませんが、ハサウェイ個人の思想信条については知る者はいたようです。