ID非公開

2021/7/26 22:00

33回答

生命保険の受け取り 相続

生命保険89閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

> 生命保険の受け取り 保険料支払い者が父なら、相続扱いではない ---父親が一時所得として確定申告要する。 保険料支払い者が母なら、相続扱い -- 課税されるか否かは、保険受取額、法定相続人数、他の保険の有無、預貯金、不動産の財産額次第 -- 父には課税されない場合が殆ど、、、一般事例。 > 死亡保険金は、私は貰えないですよね? はい、権利はありません、と考えてください。 > 保険金は貰えないのに、相続税の対象になりますか? 総遺産額によっては、大きな違いが出ます。 たとえば、相遺産が1億とか2億もあれば、 父親は課税ゼロあるけど、 子供は、生命保険を1円も相続しないけど、預貯金をたとえ500万円の受け取りでも課税はあり得る。 だけど、一般的には、これはまれ、特殊例。 断定するには、、、 法定相続人数、 預貯金、不動産等の遺産額がいくらか、 生命保険が他にあるか 等々が不足してます。

0

死亡保険金は、受取人のもので、遺産分割の対象ではありません お父さまがもらったとしても、その分が法定相続分に加味しなくていいことになっています ただ、遺産分割は話し合いできめるのだから、お父様自身が、自分は保険金を受け取ったから、ほかの財産は少なくてもいいよというのなら、質問者さんは死亡保険金を受け取ることはできませんが、ほかの現金などを多めにもらうことはできます お父さまがそんな気にならなければ、保険金は別枠で考えることになります 相続税の対象になるかどうかは、保険料を誰が払ったかで決まります 契約者がだれかではなくて、保険料を払ったのが誰かです 母親が払っていたのなら、相続税の対象 お父さまが払っていたのなら、お父様の一時所得税