高校数学 (2)と(3)がよくわかりません、教えてください。

画像

高校数学20閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

(2)> xy(y-1)=0ということはx=0,y=0,y=1のうちの少なくても一つが 成り立つことであり、y=1だけの場合はx=0とは限らないので、 xy(y-1)=0はx=y(y-1)=0の十分条件にはならない。 逆に、 x=y(y-1)=0ということはx=0,y=0,y=1のうちの少なくても一つが 成り立つことであり、どれかが成り立てばxy(y-1)=0が成り立つ ので、xy(y-1)=0はx=y(y-1)=0の必要条件で十分条件ではない...①答 なお、参考までに→で書くと分かり易いです。 A→Bが成り立つときはAはBの十分条件であり、 A←Bが成り立つときはAはBの必要条件になります。 この問題では xy(y-1)=0→x=y(y-1)=0は成り立たない(十分条件ではない)が、 xy(y-1)=0←x=y(y-1)=0は成り立つので必要条件になります。 (3)> x^2y^2+(y-1)^2=0の解はx=0かつy=1 x=y(y-1)=0の解はx=0かつy=0又は1だから、 x^2y^2+(y-1)^2=0→x=y(y-1)=0は成り立つが x^2y^2+(y-1)^2=0←x=y(y-1)=0は成り立たない。 よって、 x^2y^2+(y-1)^2=0はx=y(y-1)=0の十分条件であり、 必要条件ではない...①答