徒然草の神無月の頃の一節 「大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが、周りをきびしく囲ひたりしこそ」 というところがなぜ木が囲まれているという訳になるのか教えてください。

文学、古典 | 高校54閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

主語が庵の持ち主だったのですね。ありがとうございます!

お礼日時:8/1 21:30