ID非公開

2021/7/28 22:10

33回答

学びたい事があり、

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/28 22:26

難易度としては関関同立に近いですけれど、やはり大学名やOBOGですかね。地元出て早慶上理ICU狙う方がよさそうですね、、

その他の回答(2件)

0

【一流企業への就職実績ランキング】 ※『会社四季報』『就職四季報』を出版する東洋経済新報社による情報です。 (なお、東大・慶應は未公表ですので、全般的に2位後退します。) https://toyokeizai.net/articles/-/374593?page=3 【偏差値】 ※ 大手予備校の有識者が、莫大な予算と時間をかけて調査・分析したデータです。 ・河合塾 https://www.keinet.ne.jp/university/ranking/2022/ks04.pdf ・東進 https://www.toshin-hensachi.com ・ベネッセ https://manabi.benesse.ne.jp/hensachi/shiritsudai_index.html ・代々木 https://www.yozemi.ac.jp/nyushi/shiritsu/1329920_3542.html ・駿台 現在、配信されていません。(捏造データに注意) あなたが就活での学歴フィルターを意識されるなら、国立一般受験も視野に入れ〝MARCH・関関同立〟以上へのチャレンジをお勧めします。 しかし、最近の難関私大は一般入試の門戸が極端に狭いため、受験での合格は非常に難しく、実態は上位国立大に比肩するレベルとなっています。 このような中、今、多くの名門大学で〝一般入学と推薦入学〟のレベル乖離が顕在化しています。 その一方で企業の採用部門には、高度化する業務ソリューションを運用できる有能な人材の見極めが求められています。(体育会系社員の活躍の場は減少し、事務能力の低い社員は辛い立場にあります。) 採用側にも色々な〝しがらみ〟があり、露骨な学歴フィルターはかけられませんが、いわゆる大手ホワイト企業の食指が動くのは、依然として〝MARCH・関関同立〟までと伺います。 また近年、幹部クラスからは「一般か推薦か」を問われる様になりました。(保証された進路に妥協せず、リスク覚悟で挑戦する姿勢が重用されています。) 既に入学形態を尋ねる企業が増加傾向にあるようですが、ES等で一般入学をアピールされれば評価への影響は否めません。 面接で一般入学と偽られる懸念もありますが、入試形態は「合格通知書」や「受験票」でも了知できるようですので、大切に保管されてください。 (高校に掲示される「大学合格者一覧」を撮っておくのも妙策です。)