帰納と演繹がわからないです…。

日本語102閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

1番理解がしやすかった方のをベストアンサーにさせていただきました!ありがとうございます!

お礼日時:9/25 21:58

その他の回答(3件)

0

家で飼っていたポチが死んだ。隣のシロも死んだ。向かいのクロも死んだ。犬には寿命がある。こう考えるのが帰納法。 犬には寿命がある。モモは犬である。モモはやがて死ぬ。こう考えるのが演繹法。 数学的帰納法は上で述べた帰納法とは違う。例外。他にrecursiveを帰納的と訳す場合がある。それも混乱の元。再帰的と訳す方が良い。

0

演繹と帰納が分からなくなるということは、もしかして高校生でしょうか。 高校で習う「数学的帰納法」、ネーミングが最悪で、実はあれ演繹法なんです。数学的帰納法が帰納法だと勘違いすると、演繹法との違いが分からなくなってしまいます。 その頭でもう一度その説明を読んでみてください。今度はすんなり頭に入ってくるのではないかと思います。

0

「夕焼けがきれいだと翌日は晴れ」 について、 「経験上そうだったから」帰納 「夕焼けがきれいなのは西の空が晴れているから。天候は西から移動してくるので明日は晴れ」演繹 今どきの人は、演繹偏重なところがある。