高配当ETFは配当金がありますが受け取る時に税金が引かれるので、結局は投資信託の方が儲かると言われることもありますが、投資信託を売却する時も税金はかかりますよね?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ちなみに毎年5%分配されていてそれ以外に変化ないとすると、最初に100万円突っ込んで30年経ったときの総利益は 毎年20%税金引かれて受け取った場合は 4万×30=120万の利益です。 でも最後に受け取って利益の20%ひかれた場合の手取り利益は 1.05^30×100-100=332万1942円、で20%ひかれて265万7554円で利益に倍以上の差が出ます。大差ないとかあり得ません☆

その他の回答(2件)

0

その都度,利益に税金が引かれるよりは最後にまとめて引かれた方が,その間の税金分が稼いでくれるので少しはお得だという意味だと思います。 ETFも投資信託も利益にしか税金はかかりませんし,NISAはその利益の税金が無料になると言う制度ですが Idecoは60歳を過ぎて一時金(退職金と同様な扱い?)や年金でもらいますがその受取額全額が収入扱いで課税の対象ですので税金で特にお得と言うことはないように思います。(掛け金は所得控除できますが結局最後に取られて税金の後払い的なところがあって一長一短です。)