回答受付が終了しました

ID非公開

2021/7/30 2:16

1616回答

世間からタバコは印象悪かったり色々言われてるのに酒は許されてる感あるの何でですか? どっちも健康に悪いし周りに迷惑かけてますよね

1人が共感しています

回答(16件)

1

酒はコミュニケーションツールとして考える人が多いからです。

1人がナイス!しています

0

いろんな理由がありますよ。 ・嫌煙家は声が大きい もうね、当然の権利のように嫌煙権を振りかざしますからね。喫煙席に座ってタバコを吸うなという輩もいるくらいです。 ・自分の健康と他人の健康 質問者さんは適量のお酒は体にいいという情報を否定しているのでどっちも体に悪いとしましょう。でもタバコは周りの人の健康も害しますがお酒は自分の健康を害すだけで自業自得です。あくまで健康の話ですよ。酔って暴れた被害や飲酒運転の被害は別問題です。 ・アメリカに禁酒法という法律が昔ありましてね 100年前の話です。結局マフィアの財源になるんですよね。粗悪な密造酒なんてのも流通して結局いいこと一つもない。 ・タバコは専売制 お酒の流通は経済の流通にもつながってます。企業も絡んでくるし、本気で『お酒ダメ、絶対』とか言い出すとけっこう大変なことになるので情報操作もあるかもですね。

1

煙草の場合は副流煙による他者への影響が問題視されていますが、酒の場合は飲酒する事による直接的な他者への被害が無いし、経済面で社会に深く関わっていてそれを排除する事が極めて困難であり、またそれは適当では無いから、かな?('_'?)

1人がナイス!しています

1

酒まで許されなくなったら、娯楽が減るからだと思います。お酒は飲みすぎはダメですが、ストレスの軽減や生活の楽しみの1つにもなりますから

1人がナイス!しています

3

酒で事故を起こしたり、他人を傷つけたりする事はありますが、たばこで事故を起こしたり、人を殺したりは聞いた事有りません。危険度遙かに酒の方が大きいですね!

3人がナイス!しています