聖書の「神の栄光を現す」とは、どういうことを言うのでしょうか? ㅤ 何でも精一杯やるということですか? ㅤ コリント人への手紙第一

宗教119閲覧

その他の回答(8件)

0

古代世界で奴隷制度は一般的であり、広く受け入れられていたとのことです。 古代イスラエルにも奴隷がいましたが、ヘブライ人の奴隷はモーセの律法によって保護されました。 イスラエル人が奴隷として仕えるのは最長6年までと律法は定めていました。7年目には、無償で自由にされた者として、出て行く、しかも主人からの沢山のお土産付きで。 とはいえ、奴隷の扱いに、関する規定が公正かつ人道的であったため、モーセの律法は奴隷に他の選択肢も与えていました。もしその奴隷が主人を、妻と子らを本当に愛していて、出て行くことを望まないのであれば、戸柱に向かわせて、主人は奴隷のみみたぶを突きぎりで突き通し、その奴隷は定めのない時まで奴隷でいることも出来ました。 申命記10:12,13にあるように、神の奴隷になりたい人、神に仕えたい人が、何を動機にそうするのかと言えば、神への愛です。 コリント第一6:20で言う代価とはイエスキリストの贖いの犠牲です。 ローマ14:8にあるように、バプテスマを受けた時から、神が主人にぬります。 また、イエスキリストの貴重な血をもってかわれているので、イエスの奴隷でもあり、イエスのおきてを守り行う務めがあります。 ヨハネ第一5章3節は仕える者として服するのは自発的な事柄であり、主人への愛に根ざしたものなので、おきてを守り行うことは重荷ではありません。 と述べています。 毎日の生活の小さな点においても、ローマ12:11にあるように、自分が奴隷である事を覚えておき、従う事です。 マラキ1:6を考慮して、決定を下す時に主人の意志を考慮した決定をすることです。 一例として、コリント第二6:14 では、同じ神に献身した人とだけ結婚するように、とのおきてを守ることも、含まれます。 また、コリント第一7:23にあるように、神の奴隷が人間の奴隷にならないようにする事によっても、 神の栄光をあらわすことになります。

0

こういうことを言って悪いんだけど、その6:20や10:31の前の文章があるでしょ。「こういうことであるから」といってるってことは、その前に「こういうこと」が書いてあるはずなんですよ。 不品行をするなとか、よその女や売春婦と寝るなとかさ。 まずそこのところを読んだらどうでしょうか。 そのようにすることが、あなたには未知の事柄である「神の栄光を現す」ことにつながることだ、とまずご理解になればいいと思いますよ。

0

信仰を表すような生活をしなさい、 ということではないでしょうか。 [マタイ 5:14~16] あなた方は世の光である。 (中略) あなた方の光を人々の前に輝かせなさい。 人々が、あなた方の立派な行いを見て、 天におられるあなた方の父を崇めるようになるためである。