柔道の試合で相手が崩れて倒れると何故「待て」が掛かるのでしょうか?

格闘技、武術全般 | 総合格闘技、K-1107閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど。両者が固まって動きが止まってしまう訳ですか。 勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:7/31 12:49

その他の回答(4件)

0

柔道は投げ合いがメインのスポーツだからです。 オリンピック種目として生き残るため、派手な武道として世界に普及するために華やかさを追求した結果、今のようなルールのスポーツになりました。 また、嘉納治五郎は 「寝技をしていたら踏まれる」 というような事を言っているので、多人数相手の喧嘩のことでも考慮していたんでしょう。

0

(オリンピック)競技化するとああいう形になるのでしょう。 ホイス・グレイシー vs ケン・シャムロック2戦目みたいに 30分以上ガードポジションのまま寝ている(それでも2人とも 攻防を行っており休んでいるわけではない)わけにはいかないしw。

0

それは我々が普段見てるのは 「講道館柔道」だからです! 大昔は色んな流派があったのですが… 講道館柔道とは嘉納治五郎が 学校教育用に改正した、いわゆる 「お坊ちゃん柔道」本来の柔道は 敵を屠る格闘技だったのが嘉納治五郎により 格闘技からどちらかと言うと演舞的な スポーツへと進化したからです! 相手を倒す格闘技ではなくポイントを争う スポーツならば納得ですよね?