ID非公開

2021/7/30 20:09

44回答

13歳の老犬が全身癌でもう長くないと言われました。昨日の夜に体調が悪そうなので今朝病院に連れていったところ末期癌と宣告されました。気付けなかったことが本当に悔しくて一日中泣いています。死んでしまったこと

補足

すみません、自分が読み返すように文章に書かせてください。僕が小学校一年生に上がる時にミニチュアシュナウザーが家族になりました。元々一人っ子で引っ込み思案だった僕にとって兄弟のようであり、親友のようでした。散歩をする時もご飯をあげる時もいつも飛び跳ねて喜んでいました。僕がいじめられて1人で声を殺して泣いていた時もドアをカリカリと引っ掻いて入ってきて僕の涙でくしゃくしゃの泣き顔を舐めてきました。大学生になり、コロナ禍で外に出ることもめっきり無くなりずっと一緒に居ることができると思った所でした。昨夜犬が吐いてしまいました。心配したのですがケロッと寝てしまい僕も寝ました。夜中に僕の顔を叩いて僕の腕を枕にしてきました。夏場は暑いから全然来なかったのになんできたんだろうと疑問に思っていましたが、もう長くないことを伝えたかったのでしょうか。家族を失う事があまりにも怖いです。

イヌ309閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

昼頃に逝きました。苦しんでいる姿を見るのはとても辛かったけれど最後まで一緒に居たので後悔はありません。皆様にベストアンサーを付けたいのですが最初に書いてくださった方に送ります。本当にありがとうございました。

お礼日時:8/1 14:25

その他の回答(3件)

1

突然のことに、血の気がひいて、生きた心地がしないと思います。お辛いですよね。 ペットロスは、治りませんが、 できるだけ最後まで一緒にいて、話しかけたり、笑いかけてあげてください。 最後にますます幸せな気持ちにさせてあげてほしいです。 幸せに旅立って行けたら、ペットロスと共に訪れる後悔の嵐が、小さな台風くらいで済むかもしれません。 ペットロスを早く立ち直るのは、新しいわんこが来て、お世話にあけくれたら、忙しくて泣く時間が減ります。だけど、今のわんちゃんは、今しか一緒にいられないし、代わりにはなりません。ただ、悲しむ時間を、新しい子のお世話に費やし、次第にペットロスが減っていく感じでしょうか。 私の場合は、初七日、四十九日、百箇日と、お寺でお経を挙げていただきました。初七日では号泣しっぱなし。四十九日では泣きながらもお経でホッとして。百箇日では、泣くのはだいぶ減りました。お経の挙げてもらい、天国に行ってくれた気がして、少し落ち着きました。犬の供養をしてくれるお寺を探すのも、おすすめです。しっかり供養してもらい、私はなんだか安心できて、寝れるようになりました。 心臓が止まるまでは笑顔で。 止まったらたくさん泣く。 私の見送り方です。 難しいですが、飼い主の最後の仕事と思って気合い入れてました。 次もそうします。 急すぎて、お辛いし、気持ちの整理がつかないですよね。 1日も長く一緒に過ごせますように願っています。できればずっと一緒にいられますように。

1人がナイス!しています

1

ご自分のペットロスを考えるのではなく 今いるワンちゃんの事を考え 悔いの無いお世話、気遣いをする事が 後に後悔の無い気持ちにすると思います。 あれをすれば良かった、 あの時病院に連れて行っておけば良かったなど 後で思うのでは無く 出来る事はなるべくしておくと良いと思います。

1人がナイス!しています

0

一緒に居る事が 元気で走り回っていることが 普通だったのならば、やっぱり後悔はすると思いますし 早く見つけてあげていればよかったとも思うでしょうし 悔しい。 と思うかもしれませんが、今、 まだ、そばにいますよね? どうして、まだ傍にいる子に悲しい姿を見せるのですか? もし。などはあり得ないです。 まして。 我が家の犬は1歳で死ぬ。3歳まで生きれない。 もうすぐ死ぬレベルの血液検査の数値です。 こんなこと毎月言われました。 だから死ぬことが当たり前で。 一週間に何度思ったかもわからない犬がいまもそばにいます。 だから、この子が生きていある間は私が笑顔でいて この子も産まれてきたことを後悔させないためにも必死に育て上げた。 育て上げて、検査もして。難病もいくつも見つかったけれど それでも。 楽しいことを、嬉しい時間を一分でも一秒でも。長く。この子の体力が持つまで長く。限りある時間を有効に生きる為に、時間を費やしました。 死は誰にでも確実に襲い掛かります。 まして、あなたも、明日どころか1分後、死ぬかもしれませんよ? どうして、後悔するまえに。 どうして、自分も犬も死ぬ前に。 笑いあえなかったのだろうと思わないための行動しよう。 って思わないのでしょうか。 あなたがご飯を食べて、笑顔で大丈夫。 最後まで私がそばにいるから。 と、どうして言ってあげないのでしょうか。 一番苦しい子に、一番苦しい選択は 私なら、させません。 あなたと看取る。大丈夫。私は笑顔で送ってあげる。 私なら、確実にそう言うために犬と暮らしています。 難病の体力だって普通の犬よりない犬です。 だからこそ。 私を心配させないで、自分の体を大事にしてくれと犬に言いますよ。 犬に心労まで負わせる必要性はありませんから。