USBマイクをオーディオインターフェースに繋げても大丈夫かどうか。

DTM66閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

DAWソフトの場合はオーディオ・デバイスは同時に1つしか使えないですが、配信ソフトとか動画編集ソフトだと同時に複数のオーディオ・デバイスが使えたりするので、一応試してみるとか。 同時に使えればラッキーだし、ダメならマイクだけ買い足せば良いかと。

0

USBマイクがだめな理由がいくつかあります。 ①オーディオインターフェースに、USB端子が一つしないとしたら、USBマイクとパソコンは同時につなげません。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

3

>USBマイクの端子をXLRやTRSフォーンに変換してオーディオインターフェースに接続しても問題ないですか? あまりにも無知すぎます。 事前にしておかなければならない、「基礎知識勉強」をサボっていて全くしていないですよね??? そんな知識レベルでは、「音響機器」は取り扱えないのですよ? 趣味を楽しむためには、「必ず勉強が付いて回る」という基本もわかっていないですね? 現在のあなたは、算数で言えば基礎の基礎の基礎知識である、 「1+1=2」 すら理解できていない状態と同じなのですよ? それでは計算等できないですよね? 勉強サボっているから、「アナログ信号」と「デジタル信号」の違いも理解できていないですね? あなたの耳に聞こえている音は全て「アナログ信号」であり、パソコンは「デジタル信号」しか理解できない、という基本も解っていませんよね? たぶんこの意味も理解できないのではないですか? >知恵袋で、USBマイクをインターフェースに挿すという行為自体が愚の骨頂と書いてあったのですが、現在持っているマイクを使いたいので、インターフェースにマイクとiPhoneを接続して使いたいです。 はい、「愚の骨頂」です。 音響機器を接続するには、大事な「ルール」がある、ということもわかっていないですね??? 各機器の「端子形状」「極数」「ピンアサイン」「信号の規格」「入・出力インピーダンス」「入・出力レベル」などの違いを理解して、「電気回路的」に正しく「整合の取れた」接続をしなければ、機器は正しく動作をしないし、それどころか最悪の場合壊してしまうのです。 単純に、「端子の形状を合わせておけばよい」などと思っていたなら大間違いなのです。 「USB」マイクが、なぜ「パソコン」の「USB端子」に「直挿し」できるのか、と言う基本すら理解できていないですよね? あなたの「声」が「マイク」によって「電流」に変換された「信号」は、「アナログ信号」だとわかっていないすよね? 「USB端子」は「デジタル信号」を「伝送」するための端子だということもわかっていないですよね? 「信号の規格」が全く違うのだから、そのまま接続しても「対処できない」という基本が理解できますか? 「USBマイク」は、その「筐体内」などに「オーディオインターフェース」を内蔵しているから、「USB端子」に接続することが出来るのですよ??? そんな基本もわかっていないでしょ? 勉強サボっているから。 せっかく「デジタル信号に変換」されている「信号」を、また「アナログ信号」に戻して、それをさらに別の「オーディオインターフェース」に入力すして、また「デジタル信号」にするなどと言う愚かなことをしようとするの????? 「愚の骨頂」ですよね??? 「USBマイク」を「オーディオインターフェース」に接続など出来ないし、「オーディオインターフェース」を「2段接続」するなど愚かなこともしないのです。 でも勉強サボっているから、こんな基本常識すら解らない。 勉強が嫌いなら、今のうちにスッパリ諦めたほうがいいですよ。 これからも次々に、勉強しなければならないことが現れますから。 あまりにも「基礎知識」がなさすぎです。 勉強しましょう。 【chiebukuro.yahoo.co.jp/user/1147497868】

3人がナイス!しています