ID非公開

2021/8/2 13:46

22回答

内閣は、憲法 69 条所定の場合のほかは、衆議院を解散することはできない。ただし、衆議院の総 議員の 2 分の 1 以上が衆議院を解散する旨の決議案に賛成した場合には、内閣は衆議院を解散しな ければならない。また

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

憲法上は問題ないように思います。 憲法7条において天皇の国事行為の中に「衆議院を解散する」と規定がありますけど、「それは69条のときの解散の形式的主体を定めているだけ」と言えば問題はないでしょう。 まあ、自分たちに都合のいい解散ができなくなる政治家は賛成しない(そもそも提案しない)でしょうけど^^;