ソ連参戦がもう少し早ければ原爆投下は避けられた?

補足

天皇は降伏至らず ソ連に特使を送る考えを捨てきれなかった ソ連に仲介を頼むなんて妄想だったのが 満州進行で初めてめがさめた

政治、社会問題 | 国際情勢96閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

天皇がソ連に仲介の意志がない事を初めて知ったのはソ連参戦だった その情報戦で負け、広島長崎に多くの犠牲者を出してしまった 天皇がソ連に特使を送ろうと 考えたり 天皇の降伏の出し惜しみは 結果的にも2発の原爆投下を「降伏のだめ押しに」使われてしまった さすがのアメリカも降伏している日本に原爆投下は国際的にも出来ない 日本の外交で最大の失敗とも言えよう

ThanksImg質問者からのお礼コメント

天皇がソ連への仲介を諦め あと10日早く降伏すれば さすがのアメリカも原爆投下は国際的にも出来ない ヤルタ会談で仕組まれたソ連参戦の情報を読めなかった 天皇の失敗は多くの犠牲者を出してしまった 「全ての責任は天皇の私にある、絞首刑も覚悟しています」 アメリが日本支配に利用するために生かされたのも天皇だった

お礼日時:9/29 6:03

その他の回答(5件)

0

原爆投下は殺生能力の実験です。 従って、万難を排して日本降伏の前に落とす必要があった。

0

影響は無かったでしょう。 沖縄を奪われ東京ばかりか全国の主要都市が焼け野原になって尚、「一億玉砕」を叫び、決して降伏はしなかったのです。

0

ウラニウム型とプルトニウム型、平地の広島、山のある長崎、無傷で残っている街。 新型兵器の実証実験は行ったと思います。 理論と実験でエネルギー量は判っても、実際の街に適用したらどうなるか。全く分からなかったのが、大量の放射線を浴びた場合の人体への影響。 日本降伏後、アメリカは調査団を送り込んで被爆者の調査を行い、結果は極秘資料として持ち帰りました。

天皇がソ連への仲介を諦め あと10日早く降伏すれば さすがのアメリカも原爆投下は国際的にも出来ない ソ連参戦の情報を読めなかった 天皇の失敗は多くの犠牲者を出してしまった

0

原爆は落ちなかったけれども みんな今ごろ、ロシア語を話して ルーブルで支払っていたことでしょう スパシーバ