履き心地の良いカジュアルに使える10万円以下の革靴教えてください 今まで1万円の革靴しか履いたことがなく足が痛くなることがほとんどでした 普段はスニーカー、クロックス など楽な靴がすきです

メンズシューズ | メンズスーツ231閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

履き心地については個人の主観が大きいので何とも言えませんが、持っておいて良いと思えるものを挙げてみます。 サンダース ミリタリーダービー パラブーツ シャンボード チーニー ケンゴン2R ちなみにあと3万出せるのであればオールデン990ですね。

0

カジュアルに使える革靴で楽に履ける靴だとローファーやスリッポンが思いつきます。 柔らかい革やスエードの物も多く、革底やゴム底など好みに合わせて選択肢は広いです。 その予算ならア・テストーニというメーカーの靴も良いかと思います。

画像
1

一般論で言ってスニーカーと革靴は根本的に構造などが異なるので、単純な比較が難しいことはまず前提としてご理解頂ければ幸いです。(前の回答者様の様なコールハーンの靴の様なスニーカー風の革靴であれば、近いものとして考えて良いかと思います) そのため、スニーカーと比較して履き心地がどうという話は置いておき、あくまで革靴として履き心地が良いかどうかという見地でお答えできればと思います。 まず、履き心地に直結するのが靴の製造方法とソールです。 革靴には大きく分けて、セメント製法、マッケイ製法、グッドイヤーウェルト製法という3つの製法があります。 セメント製法はソールをアッパーに直接接着剤で圧着するもので、比較的安価な靴に多いです。 マッケイ製法はソールをアッパーとダイレクトに縫い合わせる製法です。何度かならソール交換が可能です。 グッドイヤーウェルトはアッパーとソールをウェルトと呼ばれるパーツを介して間接的に縫い合わせる製法で、一般的にマッケイ製法より多くの回数ソール交換が可能です。 履き心地に関していうと、セメント、マッケイは履いた瞬間から比較的履き心地が良いです。ただマッケイは縫い糸がインソール内に露出することも多く、その糸が足裏に当たるという事もあります。 グッドイヤーウェルトはコルクなどの中材があるので履き込むと足の形状に馴染んで履きやすくなりますが、馴染むまでには時間がかかります。 長期的に見るか短期的に見るかで、この辺の履き心地の良し悪しは変わるかと思います。 ソールはラバー製の方が革製よりも返りが良く、グリップも効くので履き心地が良いことが多いです。 あとは足との相性や、革の品質によるでしょうか。私の場合はジョンロブのロペスというローファーが非常に相性が良く、スニーカー並みとまでは言いませんが疲れにくくとても履き心地が良いものでした。 その他、ティンバーランドのスリーアイなどは足入れ部分がクッションの様になっていたりするので、見た目の無骨さの割に比較的柔らかい履き心地だったりします。 また、ドクターマーチンなども見た目に反してソールが柔らかく履きやすい部類かと思います。ただドクターマーチンはサイズ展開でハーフサイズを取り扱っていないので、サイズ感が合わなければちょっと難しいかも知れません。

1人がナイス!しています