第二次世界大戦について。 欧州戦線のドイツと太平洋戦線の日本 どっちの方が米軍にとって手強い 相手でしたか?

日本史 | 世界史233閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

アメリカにとってならやっぱり日本のほうが手ごわかったと思います。 結局のところ、ドイツはソ連に押し返され始めていた時に参戦したので勝ち馬に乗った感じだと思います(もちろん、アメリカが参戦したからこそ連合国の勝利は確実となりましたが) 一方日本は過小評価されすぎだと思います。 (一応)当時は列強の一角であり、世界最強クラスの海軍を有していましたから(問題は多々ありましたが)

0

米国は日米戦が開始されると、米英会談で欧州第一主義を決定し、まず独を降伏させることを最優先としました。このため、戦力配分で欧州7,太平洋3としました。もちろん欧州は陸戦、太平洋は海戦が主となりますが。兵力投入数、犠牲者数は欧州戦線が太平洋戦線の数倍です。

0

日本軍の兵器や、個々人の戦闘力に関する評価は低いです。装備が貧弱で、白兵戦では滅法弱かったという米軍のレポートが残っています。

0

東部戦線でボロボロになっていたドイツよりは日本の方が強いでしょう!

0

独軍と戦った米軍は、何回も負けてるし作戦指導や戦意の旺盛な 独軍に勝っても常に大きな損害を出していましたから、装備は貧 弱、作戦はいつも決まっている日本軍なんか目じゃありませんで した。 日本軍で怖いのは自爆攻撃と全滅しない頑なさでしたね。 困ったちゃんね、日本人はww

画像