ここから本文です

「左逆卍」の事、誰か教えて下さい!! 因みにヒトラーは崇拝していません・・...

ake********さん

2009/4/308:55:38

「左逆卍」の事、誰か教えて下さい!!

因みにヒトラーは崇拝していません・・・!!
特別な意味があるのしょうか?

閲覧数:
5,004
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ni_********さん

2009/4/400:38:17

チベット仏教では時計回りが神聖とされ、右回りの逆卍が正式です。巡礼や寺院の参拝なども本尊に常に右肩を向けて時計回り。
ボン教=チベットの神道にあたる固有宗教では、逆に日本と同じ左卍ですが、これはただ仏教の形を真似しつつ差別化をはかるために逆にしただけという話です。礼拝の回り方も逆で左回りだとか。
ナチスのハーケンクロイツは、ルーン文字のSを2つ重ねたという説もあります。ナチス以前からスウェーデンやフィンランドなどで使われていたようです。
右卍も左卍も、古代のインド・ヨーロッパ系民族には広く使われていたシンボルのようで、円の中に十字を描いた太陽の象形(島津家の家紋のような形)が元だという説があります。考古学者のシュリーマンがトロイ遺跡で卍を発見したことで注目され、ヨーロッパのアーリア主義者に好んで用いられるようになったとのこと。(アーリア主義も本来ナチスのオリジナルではありません)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8D

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tho********さん

編集あり2009/4/408:53:29

「左逆卍」は「卍」と一対になっているマークでインド神秘学では「スヴァスティカ」と言います。
卍は「調和・再生」を意味し、逆卍は「力・破壊」を意味します。

ナチスの地政学者でヒトラーに大きな影響を与えたとされるカール・ハウスホーファーはアジア神秘学者でもあり、彼がハーケンクロイツをデザインしました。
ただし、ハーケンクロイツは元々ドイツの民族主義運動のシンボルとしても使われていたという説もあり現在でもハッキリはしていません。

まあハウスホーファーがハーケンクロイツを採用した理由に「逆卍」の意味が入っている可能性は否定できないでしょう。

yta********さん

2009/4/316:44:57

カギ十字は、あれは、ナチスが使って有名になったからナチスのマークと思われてますが
もともとはゲルマン民族に伝わる幸運のシンボルマークだったようで、
ナチスのゲーリングが、お嫁さん(スウェーデン貴族のお姫様)の実家に飾られていた紋章を見て、気に入ってナチスのマークに使い出したのです。もともとはナチスのマークではない。
で、さらに昔をたどると、古代に中央アジアのほうにいて、インド人やゲルマン人の先祖になった原始部族が使っていたらしく
それでカギの方向が逆だけれども、お寺のマークにも使われているというわけで、起源は同じらしいんですが、ものすごーく古い話なので、よくわかっていません。

mar********さん

2009/4/309:23:47

そもそもはチベットのボン教由来でナチスがチベットの超人思想に惹かれて用いたっちゅう話です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる