「パラディドル」という言葉だけでは「いわゆる1つ打ちと2つ打ちの組み合わせ」 と言う意味でしかなく、 「リズム」の意も含めて言いたいのなら

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

でも、この譜面でも、最初のフラムなどをのぞき (それでも、フラムごときで、複雑なリズムとは言えないと思割れますが...) リズムだけで考えたら、16分なので、リズム的には単純だと思われますが?

お礼日時:9/13 20:53

その他の回答(4件)

0

パラディドルは狭義ならディドル・ルーディメンツの中の「RLRR LRLL」という手順のものを指す言葉です。 「1つ打ちと2つ打ちの組み合わせ」には『コンパウンド・スティッキング』という言葉がありますよ。

0

パラディドルという言葉の解釈が2種類あり、 1つ目は仰ったような「組み合わせ全般のフレーズ」 2つ目はシングルパラディドル(RLRR LRLL) 広義でのパラディドルと、特定の手順のパラディドルということがややこしいので、文脈で判断するしかないですね。 パラディドルディドルとか、インワードパラディドルとかそういった言葉も使い始めるともはや初心者はパニックですw なので、普通に『パラディドル』といえば定番のシングルパラディドルの事で、「実はパラディドルって色々種類があってね・・・」という説明の仕方でしょうね。

1

ただ単に「パラディドルの応用」でいいんじゃないでしょうか。 パラ(交互で)ディドル(ダブルで)というだけのことなので、それをリズムに組み込むことは応用になりますから。

1人がナイス!しています

0

言いたいことは何となくわかりますが、わかりにくかったり理解に時間がかかったりする言い回しはしない方が無難かと。 私だったら、単に『パラディドル』と言われたらシングルパラディドルのことだと受け取ります。言われた時も、こちらが言う時も。 「複雑なリズムのパラディドル」とか、「えっと…はい?」としかなりませんし、そもそもそんな言い回しを使うようなシチュエーションが思い付きません。