ID非公開

2021/9/10 14:01

33回答

クルトガと普通のシャーペンでの書き味の違いについてです。

文房具 | 趣味94閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

1

自分で軸を回せるのならば、 わさわざクルトガを使うイミはありませんね。 「芯が尖る」以前に 軸が握りっぱなしになり 手の疲労が増えるモノに手を伸ばさなくても良いでしょう。 クルトガには 仰っているような 「尖った部分で書ける、勢いのある線」は望めません。 軸を回しても「思った角度にならない」 カンジ。 アドバンスではかなり改善されましたが、 クルトガ特有のペン先がグラつく感覚も ヒトによっては かなり違和感があると思います。 ただ、 シャーペンそのものにキョーミがあるのならば 一度使ってみるのも良いかも。

1人がナイス!しています

0

言葉では非常に説明しにくいです。 誰かに借りるか店頭の試し書き用のもので試してみてください(クルトガアドバンスアップグレードあたりなら見本を置いてあるお店もあると思います)。 クルトガは、偏って減らないので注射針のようになるまで鋭く尖ったところで書く感触は味わえませんが、常にそこそこ尖った場所で書く感触です。 質問者さんの求める「尖ったところで書く感触」がどこまで尖っている状態なのかによって評価が変わってくると思います。