21歳消防士女です。高校卒業後すぐ某消防本部に就職しました。消防3年目。 高校時から医療系に就職したいと考えておりましたが、金銭的な問題で大学、専門学校は視野に入れず、消防に入りました。

転職 | 貯金445閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

おっしゃられた通り、焦ってもすぐ転職できるわけではないので、コツコツお金を貯めていきます。 それからまた考えます。 ありがとうございました、

お礼日時:9/8 23:52

その他の回答(1件)

1

10年少し前の景気のすごく悪かった頃、30代40代の看護師志願者の相談が続出したものです。男女を問わず、「やってみたい」と。 激務承知ででも、仕事の求人がすごく少なかった頃はそんなもんだったんです。その頃の相談者たちが実際に看護師で活躍中なのか知る由もないですが、「仕事に困ったときの看護師」は実際によくある話なのですね。 質問者さんの事情は金銭面主体ですから、「金銭面でなんとか余裕が出来た時点でも、なお志が萎えていないか」の問題です。 それを飛び越え「いつなら、いつまでなら」と焦りを募らせようと、現実には焦り急ぐことで来年入学が可能になる、とはいかないわけでしょう。「30代40代で衝動を起こす」人たちとは違い、21歳からどこまで志を保てるか、なのです。 「金銭面で何とか余裕が出来た時点でも志が萎えてないか」を、「金銭面で余裕が出来た時点で、救急救命士の役割と使命感を大切にしたいと思えるようになっていれば、それはそれで看護師の志を萎えさせたのとは違い、精神的に飛躍的成長を遂げた証しと言えるのですね。 どちらにしても、質問者さんの職業人生です。一歩一歩こつこつと金銭事情を改善させていって、晴れて余裕が出来ているとき自分の想いがどうなっているか、それを楽しみに日常業務への励みとしていかれますよう。いま時点では「受験と学生生活に必要なだけの蓄え」との情報はさして必要なのではなくて…

1人がナイス!しています

返信ありがとうございます。 すみません、金銭面的に不安なのは、授業料等のことについて話させていただきました。 実質、今の私の給料で母や弟を養っているといっても過言ではありません。 学校に入学するということは消防の仕事をやめるということですので、稼ぎはゼロで授業料等、生活費関係が不安だという趣旨で述べさせていただきました。 それを踏まえて、現実的に考えてやはり諦めた方がいいのか、それとも何か手段があるのかと聞かせていただきました。 説明力が足らず申し訳ありません。